命の灯火(ともしび)を消さないで・・・・

同じ星のしっぽの仲間の声が聴こえる 「もっと生きたいよ」 って

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

★ 聖夜との3週間 ★

クリスマスの日に我が家へ来た聖夜
獣医さんも驚くほどにガリガリに痩せて

ケージのような閉ざされた場所に閉じ込められ
人間に利用されるだけされ
食べ物も貰えず放棄された子です

迎えた時はフウ・ニャンズ・隼人も居ましたが
一切 攻撃性はありませんでした
直ぐにお腹を見せてしまう子です(笑)

ただ・・・・

人間を見る眼は警戒心が強く感じられました

おそらく 恐怖を感じる程の行為を
人間から受けていたようです

室内フリーにして家族を悩ませたのが
家族中の足へのマウント行為でした

私と聖夜の根競べが始まりました

マウントする度に「いけない」と言い聞かせ続けました

去勢後もマウントは続きましたが

お散歩で外の世界を知り
撫でられる心地良さを感じた頃

マウントがピタリとおさまったのです

お散歩では4日目にして
後ろ足の2本とも肉球の皮が剥がれて血が滲んでましたが
それでも毎日のお散歩が楽しくて仕方ないようでした

お散歩では他犬や人への吠えもなく
引きも全くない子です

そして物凄い順応性で

室内でも悪戯もなく落ち着いて来ています


DSCF0232_convert_20100115044621.jpg

DSCF0235_convert_20100115044932.jpg

DSCF0234_convert_20100115044827.jpg
まだ痩せてる頃の聖夜で 現在は適正体重になって来てます
赤く写っているのはクッションではなく私の足です^^;


DSCF0222_convert_20100115044526.jpg
去勢手術後 エリマキトカゲ状態の聖夜

甘える心地良さを知った聖夜
見つめる瞳も人懐こい眼差しになって来ました

全く手の掛からなかった隼人
全く手を掛けて貰えなかった聖夜

どちらも保護されなければもう居なかった子です・・・

聖夜を迎えて下さるご家族が
聖夜にとって初めてのご家族になると想います

聖夜のこれまでの境遇を理解して頂き
終生愛情を注いでくださる里親様をお待ちしています


お申込みは

                 聖夜の「いつでも里親」

こちらからお願いします

| 未分類 | 00:47 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kazenoyousei366.blog62.fc2.com/tb.php/87-9009f6da

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT