命の灯火(ともしび)を消さないで・・・・

同じ星のしっぽの仲間の声が聴こえる 「もっと生きたいよ」 って

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

★ 終わる命と生まれる命 ★

私のブログを以前からご覧下さってる方々は
飼い主によって持ち込まれ
千葉県のセンターに8ヶ月も収容されていた
10歳(飼い主申告)の大型シニア犬
悩んだ末に殺処分の前日に引出しをお願いし個人保護したジュン

その後の検査でフィラリア重度と分かり
「このまま終わらせたくない」と
入院治療をして貰い
その後は半年間の通院後
翌年にはフィラリアが陰性になり

一人暮らしの知り合いのMさんのお宅でノンビリと
良きパートナーとして寄り添って生活してくれていました

運転はもうしないと車を処分していたMさんが
ジュンの為に車を購入し

親戚の畑や

お正月は毎年海と温泉に連れて行って貰っていました

先週 いつものようにお散歩を済ませた後
少しふらつく様子だったので体を撫でてあげると一旦は治まり
オヤツも普通に食べた数分後
苦しむ事もなく眠るように静かに犬生を終えました

その事をMさんから連絡を受けた時は仕事中でしたが
涙が流れて止められませんでした


     DSCF0816_20100823082512_20131011011114958_20150125155937e46.jpg
        毛玉が酷くて全身バリカンで刈った姿のジュン
        この頃週2回の4時間以上掛けての通院をしていました



     10407132_1568668933377504_2188652071663451380_n.jpg
         フィラリアが陰性になり時間と共に伸びて来た毛
         



     DSCF4988_2015012515593665e.jpg
         毎年行った海で勿論今年も行きました



     DSCF4990_20150125160022aef.jpg
         ソファーで過ごすジュンは幼ない顔をしています


     10406413_1557840481127016_5831249952492895103_n.jpg
          近隣の小学校の1年生の遠足に招待され
          保護犬の事を話す啓蒙活動も4年間続けました


ジュンが亡くなった知らせを受けた学校では
教師が生徒へその事を伝えると
多くの子達が泣いたそうです

ジュンは命の大切さを自分の身をもって伝えてくれました

寒い雨の朝
ジュンとの別れの為にMさんのお宅へ
通院してた頃を想い出し泣きながらの運転でした



     DSCF6576.jpg
       眠っているだけのような安らかな表情のジュンを
       いっぱい撫でてあげられました



遺棄した飼い主はフィラリアの予防薬も与えず
10年暮らしたジュンをセンターへ持ち込みました

保護してからは4年と4ヶ月でしたが
倖せだったと想いたいです


ジュン 医療費はかなり痛手だったけど
あなたを保護して良かったと心から想っているから

ジュンの個人護があったから

茨城県からモカ(現しおちゃん)・リンを保護する決心も出来たしね


     10401884_1568788203365577_6203306737048116008_n.jpg
          ジュン ありがとう
          虹の橋を迷わず渡ってね

ジュン15歳で静かに犬生を終えました

ジュンを見送り帰宅すると



     DSCF6586.jpg



     DSCF6587.jpg




     DSCF6578.jpg




     DSCF6581.jpg




     DSCF6583.jpg



     DSCF6584.jpg
         生まれてまだ2ヶ月チョッとの
         チロルとポポロが


そして



     DbuKVctgdNDig1G1422168772_1422168824.jpg




     0N1rVxTEgCuMKBP1422168857_1422168885.jpg
        チロル・ポポロより数週間お姉さんのポルチーが


犬生を終えたジュン

これから犬生が始まる ポルチー・チロル・ポポロ


共通なのはどちらも人間の身勝手な理由で遺棄された事


ジュン・・・・・

パピー3ワンも必ず倖せへと送り出すから見守っていてね

     
【 今日のメッセージ 】     

10411902_321249428032435_6429919718209928350_n.jpg
      命の尊さ、温もりを小さい頃から感じるお子さんが増えれば
      弱い立場の者へ危害を加える行為は減るのではないでしょうか



     にほんブログ村 犬ブログ 犬 里親募集へ

          命あるもの必ず最期を迎えますが
          生きられる命を身勝手な理由で終わらせる人間達
          その私達人間も病気もすれば老いてもいく
          生きられる命を勝手に終わらせることは
          人間でも許されない事だと思います
          

        
        
li_fuusen1_20140508075002e81.gif

| 個人保護大型犬ジュン永眠 | 23:52 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

ジュンちゃん。

おひさしぶりです。

ジュンちゃん旅立ってしまったのですね。
フウちゃんママさんに保護してもらってからのジュンちゃんは幸せいっぱいだったことと思います。また、M様といつも一緒で愛情を一身に受けて本当に幸せを感じていたことでしょう。

治療の為の通院、治療費、お世話、心配事で胸を痛めたこともたくさんあったのでは…と思います。
でも、ジュンちゃんの元気になった姿を知り、何にも変えられない喜びや勇気を感じました。

ジュンちゃんの眠っているようにホンワカしたお顔をみれば、ジュンちゃんがママさんとM様に何を伝えたかったのか良く分かります。

すべてのワンコたちが家族に見守られて旅立つことができることを祈って。

私に出来ることをやっていきたい。

ジュンちゃん安らかに。
ジュンちゃんのにっこりしたお顔、忘れません。

| 夏姉 | 2015/01/27 00:58 | URL |

眠るようですね、、、

安らかなジュンちゃんの顔に、生ききった満足感さえ感じます。

別れは辛く、M様もさぞ寂しいでしょうね。時間がお薬になってくれる事を願います。

そして、ジュンちゃんはお星様になっても、フウママさんの事をずっと励まし続けるんですね。。。
ジュンちゃんがいてくれたから、我が家のブランも繋がっていられるんだと思います。
ありがとう、ジュンちゃん。

フウママさん、いっぱい泣いてあげて下さい。涙は愛情の証しですもの。。
そして、これからも、しっぽの子達をどうぞ宜しくお願いいたします。

| はなはな | 2015/01/27 18:16 | URL | ≫ EDIT

寂しいです

ジュンちゃん幸せな一生でしたね
これからは飼い主さんの心の中で生き続けるのでしょう

飼い主様ふうの母様の悲しみを思うと涙が止まりませんがジュンちゃんのためにも笑顔になれる日が来る事信じています

ごましおとも限りある一緒の時間、悔いの残らないよう精一杯可愛がって暮らしていきます

| ごましお | 2015/01/27 21:36 | URL |

寂しくなりますね。

ジュンちゃん。
初めてお会いした時に聞いたお話、とても印象に残っています。

穏やかなお顔ですね。
愛情いっぱい注いで貰って幸せですね。
ジュンちゃんから繋がっていったんですね。
ジュンちゃん、すごいなぁ。
すごいパワー(^^)
これからもお空から見守っていてね。

空を見上げて、アピーと一緒にお祈りします。

| てぃーな | 2015/01/28 13:20 | URL |

お散歩しておやつも食べて静かに旅立ったジュンちゃん。

こんなお別れもあるんですね・・・。

穏やかな表情にジュンちゃんの気持ちが表れてる気がします。

ジュンちゃん、安らかに・・・。





| ブログ読者 | 2015/01/28 17:02 | URL |

夏姉様へ

お久し振りです。
変わらずブログをご覧頂きありがとうございます。
コメントとても嬉しいですm(__)m
全ての子達がその生涯を全う出来る
社会になって欲しいと心から想います。

ジュンは小学生の子達に命の尊さを伝えて犬生を終えました
夏姉様 今後のご活動応援しています^^

本当にありがとうございます
時々挨拶でも構いませんのでコメント下さい。

| フウの母 | 2015/01/29 19:31 | URL | ≫ EDIT

はなはな様へ

いつもありがとうございます。
ジュンを個人保護する時は家庭の事情など考え
保護される事を願っていましたが
長期収容のジュンが殺処分に決まった時
救わずにはいられませんでした
後に遺棄した飼い主が薄っすら書いたジュンの名前が
私が子供の頃いつも傍に居てくれた
愛犬の名前と同じだった時号泣しました

里親になって下さる事はいつかはその子の最期を受け止める
そう思うといつも感謝の気持ちで一杯です

春が待ち遠しいですね^^

これかたも見守って頂ければ嬉しいです

| フウの母 | 2015/01/29 19:36 | URL | ≫ EDIT

ごましお ちゃんのママ様へ

ブログ拝見しています
ジュンの時と同じように

姉妹犬を見た時個人保護せずにはいられませんでした

ごましおちゃんのご家族様と
リンのご家族様との赤い糸が繋がっていたのですね

これからも可愛いコンビ楽しみしています

コメントありがとうございますm(__)m

| フウの母 | 2015/01/29 19:41 | URL | ≫ EDIT

てぃーな様へ

ありがとうございます
本当に眠るようにジュンは犬生を終えました

一緒に暮らしてなくても知り合いに何かあれば
我が家で引き取るつもりでしたので

最後まで周りを想って逝ったのかも知れません

春にはますます忙しくなられるのでは?

アピーちゃんとお子さんと楽しい時間を
たくさん作って下さいね~♥

また再会出来る機会を楽しみにしています

| フウの母 | 2015/01/29 19:46 | URL | ≫ EDIT

ブログ読者様へ

拙いしかも更新も途絶えがちなブログを
ご覧下さりありがとうございます。

別れに行った時のジュンは本当に安らかで
いっぱい撫でて抱きしめてあげることも出来ました

ジュンはへの温かいお言葉ありがとうございます

これからもお時間のある時は
ブログをご覧頂ければ嬉しく想います

本当にありがとうございます

| フウの母 | 2015/01/29 19:50 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kazenoyousei366.blog62.fc2.com/tb.php/599-39504100

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT