命の灯火(ともしび)を消さないで・・・・

同じ星のしっぽの仲間の声が聴こえる 「もっと生きたいよ」 って

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

★ MIX犬「この」お届け報告 ★

今までお預かりした子達は
センター収容犬が多かったので

皮膚疾患の子達も多くいました
特にトリミングが必要な犬種の子達は
保護された時は顔も見えず犬種も分からない子も
皮膚疾患以外にも外耳炎・中耳炎も多い疾患です

お預かりする度に
「何故ここまでに・・」と飼い主への怒りが込み上げました

お預かり時に「モグラ??」と想ってしまった
栄養失調による脱毛でしっぽを振るだけで先端から出血していた
Mダックスの「ミラクル」

高温多湿に弱い犬種のシーズーは
皮膚疾患がない子の方がまれでした

隼人・ビッケ・セイルを想い出します

症状の度合によって回復するまでの違いはありますが
ある程度の期間が必要です


今回の小鳥名シスターズはアカラスを発症しておりましたが
約1ヵ月程で改善されました

5姉妹犬の中で「この」は特に皮膚が弱く
ハーネスを付けると脇が直ぐ炎症するので
首輪でのダブルリードにしていました

避妊手術の傷をガードするテープで一番かぶれていたのも「この」でした
それでもその後は皮膚も良かったのですが

また少し皮膚炎が見受けられ
薬の投薬と1日おきのシャンプーを再開していました

更に

「アレルギー体質かも知れない」と感じるようになり
その事も獣医師に伝え様子を観察してました時に

お見合いのお申し出がありました

皮膚の状態を実際に見て頂き
アレルギー体質も考えられることなどお話しさせて頂きました

全てをご了解頂き「この」をご希望下さいました

里親様のお気持ちが大変嬉しい反面

今までの預かりっ子は殆んど症状が治まってからお届けしておりましたので

「この」も我が家でもう暫くケアを済ませてお届けした方が
 里親様のご負担は軽くなります。

それでも

「娘がやって来る」とお知り合いに嬉しそうに話されてるパパさん

「全て了解したうえで迎えますのでケアも継続します」と仰って下さるママさん


お気持ちが嬉しければ嬉しいほど申し訳なく感じ

お電話でお話しさせて頂きました

ちょうど「この」の為にケージを洗っておられた時で

昨年の11月に亡くされたゴールデンのジョン君のお話しで
電話越しに伝わる涙に言葉もありませんでした

ママさんは

「手を掛けてあげることさえ幸せなんです」と・・・

既に「この」はご夫妻様の娘になっていることを感じ
代表とも相談しお気持ちを受けさせて頂くことにしました


当日は「この」の旅立ちを祝福してくれるような快晴です


   DSCF5417.jpg
      「この」我が家から旅立ちの日です(泣)



さぁ~待って下さってるパパさん、ママさんのお宅へ行こう!!


1時間半のドライブで里親様のお宅へ



   DSCF5438.jpg
      カフェかな?と思うほど素敵なお住まいに驚きました


笑顔で迎えて下さったご夫妻様



   DSCF5421.jpg
       ジョンくん妹をよろしくお願いします



   DSCF5422.jpg



   DSCF5423.jpg
      「この」の為にご用意して下さってました



   DSCF5430.jpg
       初めは少し緊張していましたが興味が出て来ました



   DSCF5433.jpg
        パパさんと遊んでるオモチャと


   DSCF5435.jpg
       このオモチャも むくむくムックりんさん こと
       H様がご支援下さったオモチャで
       お嫁入りに持たせようと想っていました
        (半分はひわのお嫁入りに持たせます)

       
むくむくムックりんさんことH様ありがとうございます

   DSCF5424.jpg
        



   DSCF5425.jpg
         ご家族になった記念の初ショット




   DSCF5426.jpg
         既に甘えモードの「この」



   DSCF5431.jpg
        溺愛間違いなしのパパさんと^^



ジョン君のお話しも伺い

「この」も最高のご家族様に迎えられたとしみじみ感じました


失礼する時に


   DSCF5440.jpg
      わんずぺ~すと我が家にお心遣いまで


さらに


   DSCF5442.jpg
      ママさん自作の素敵なハサミ入れを頂きました


帰りの車中で読ませて頂きましたお手紙には

「この」への愛情が溢れて思わず我慢してた涙が・・・


ハサミ入れの横のバラの写真は


「ブラン・ピエール・ド・ロンサール」と言うバラで

「この」はこのバラから「ブラン」という名前になりました


「ブラン」はフランス語で白を意味し

過去に我が家に「ブラン」がおりましたが

我が家は「モン・ブラン」のケーキ名の兄弟犬でした

ジョン君を亡くされてからバラのお手入れもする気持ちになれなかったママさん

「ブランを迎えて また 始めます」と

ママさんのお宅が素敵なのは



   DSCF5444.jpg
      こちらの本に紹介されプロも絶賛するほど
      ガーデニング・DIYはプロ級です


初日の様子もお知らせ頂き

失礼した後3時間くらいはドアの前に居たとの事ですが
   (未熟な預かりにありがとうね・・)

その後は落ち着いて夜鳴きもなかったそうです


そして


超スピードですが

「この」改めブランちゃん正式譲渡のお申込みを頂きました


実はママさんブログをお持ちですが

ブランちゃんが傍に居るのが嬉しくて更新出来ないそうです

パパさんは会社へ行くのが嫌だとか^^


「この」改めブランちゃん おめでとう~~!!


応援して下さった皆様へ嬉しいご報告が出来ました


ママさんのブログは許可を頂いておりますので

改めてご紹介させて頂きます。

ブランちゃんの幸せを見届け

「ひわ」の幸せ探しをしていきます

引き続き見守って頂ければと想います
   




      にほんブログ村 犬ブログ 犬 里親募集へ

         また一つ人間の身勝手で消えかけた命の灯火が
         迎えて下さった里親様のお宅で灯し続けます
         迎えて下さった里親様への感謝の気持ちは
         少しでも多くの子達を幸せへと見送れるように
         私なりに頑張っていくことだと想っています
         「ひわ」をはじめ多くの子達が倖せになれますように
         クリックをお願い致します
                        


                                     




li_fuusen1.gif





| トライアル報告 | 23:48 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

このちゃん改めブランちゃん、、本当に良かったですね。
車中でブログを読みながら涙が溢れてきました。
ブログを始めて、様々な方々の日常を垣間見る機会を頂く様になり、世の中にはこんなにも優しく愛情に満ち、、無償の愛を動物達に与えてくれる方達がいる事を知りました。
ブランちゃんは最高のご家族に迎えてもらう事が出来たのですね。
フウのお母さんの所から巣立つ子たちは皆最高のご家族に迎えてもらってますね。
きっとそれはフウのお母さんが日々しっぽの子達の幸福を祈り、愛情を注いできた証ですね。
私もいつかフウのお母さんの様にもっとしっぽの子達の為に行動出来る様になりたいと願ってます。
ブランちゃんママさんのブログ楽しみにしてます(*^^*)

| むくむくムックりん | 2014/01/21 17:53 | URL |

むくむくムックりん様へ

いつも見守って頂きありがとうございます。
ご支援下さいましたオモチャはお嫁入りに致しました
ママさんブログ更新されてますので是非ご覧下さい^^
むくむくムックりん様からメイちゃんの事など
無償の愛情を感じさせて頂いたのは私の方です。
同じ人間でも命を命と想わない人もいれば
里親様達やむくむくムックりん様のように
愛情を注がれてる方々もおられます
少しでもそういう方が多くなって愛護活動など必要のない
社会になって欲しいと願っています。
これからも預かりっ子共々見守って下さいね
何かありましたらいつでもご連絡下さい
いつも本当に優しさをありがとうございます。

| フウの母 | 2014/01/22 18:52 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kazenoyousei366.blog62.fc2.com/tb.php/528-2548e8f3

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT