命の灯火(ともしび)を消さないで・・・・

同じ星のしっぽの仲間の声が聴こえる 「もっと生きたいよ」 って

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

★ 預かりとして素直な気持ち ★

フウの兄弟のライを急遽お預かりした時を除けば
預かりボランティアを始めて
4年目を迎えます

専門知識などない状態でありながら
命が消えかけるしっぽの子を
幸せへと導けるように無我夢中だった気がします

ブログで何度か書きましたが

いつかは迎えて下さる里親様の元へ見送る

「我が家は幸せ行きの停留場」であればいいと

それでも
トライアルが決まり別れの日までは
毎回、毎回切なさから涙するのは変わっていません

特に最後の夜は
「明日の夜には此処に居ない・・」と
普段通りに振る舞うことに気を使います

同じ屋根の下で一緒に生活してるのですから
仮であっても気持ちは我が子であり家族です

「このまま我が子に迎えてしまいたい」

今までお預かりした子達
全てそう想ってしまいました

それでも見送れるのは

ご希望者様の中には
愛するしっぽの子との悲しい別れをされた方も多く
その悲しみを想う時

私の別れは迎えて下さるご家族様のもとで
より幸せになる為の別れだからです


そして

次に待ってる子達にも同じような幸せを贈ってあげたいと


そう想いながら4年目になっています


現在 我が家で幸せ待機中の


   
   DSCF5119.jpg
      既に幸せ行きの切符を手にしたひばり


   DSCF5122.jpg
      このも幸せ行きの切符ゲットしようね



   DSCF5116.jpg



   DSCF5118.jpg



   DSCF5123_20131030101343c5d.jpg



   DSCF5118_201310301014047f8.jpg



   
   DSCF5124.jpg



   DSCF5128.jpg



   DSCF5127.jpg



   DSCF5126.jpg


この & ひばり
お散歩が大好きです



9ヶ月になるポピーは


   DSCF5130.jpg



   DSCF5129.jpg
        私の安物のデジカメだと
        どうしてもモジャ子さんに見えてしまいます



   DSCF5134.jpg
        まだまだオモチャで遊ぶ姿は幼さが残ります




大人びた面と幼い面とも持ち合わせた
魅力一杯で女の子らしい顔立ちのポピー

年内まで素敵なご家族様と出逢えて
新しい年を迎えられるといいね


ひばりは月例も考慮し
11月中旬にご家族様の元へと飛び立つ予定です
   (ひばりの為に準備をして下さってる里親様)


今までお預かりしたすべての子達は

今でも、そしてこれからも愛しい子達です

ブログをお持ちの里親様のブログは毎日拝見しています

時間がない為にまめにメールなど出来ませんが


迎えて下さったご家族様と共に
幸せな日々を送ってくれることを願い続けています


そして

お留守番ばかりの我が家の預かりっ子に

預かりとしてして最後にしてあげたいことは

お見合いの時に伺った里親様の環境に
少しでも慣れるようにトライアルの日まで
色々工夫しながら試します

それでも我が家では見せなかった面を出すかも知れませんが

どうか見守り、受け止めてやって下さい


お届けの帰り道では
さっきまで傍に居た子が居ないことを感じながらも
一緒に暮らせた幸せを噛みしめて

里親様との日々を思い浮かべながら

また次へと進みます




      にほんブログ村 犬ブログ 犬 里親募集へ

         時間に追われ行き届いた事はしてあげられませんが
         その分幸せのご縁へと繋げてあげたいと想っています
         こんな預かりではありますが
         これからも見守って頂ければ励みになります











li_fuusen1.gif





  



   

| 愛しき子達へ | 02:28 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

こんにちは。
いつもお世話になっております。。。
私たちがお逢いしたころはもう9年前でしょうか。。

はじめはかわいさのあまり、呼んで触らせてもらいたかったのに決して触らせてもらえないしかし呼べば反応すると言うツンデレ、気高い猫様を沢山飼っておられ、まさか今このように保護権活動などされるとは想像もできませんでした。。

もう4年にもなるのですか。。
何となくフウの母様ご夫婦がはつらつと、暗い感じもなくワンズを連れてお散歩されている様を見てほほえましく感じてしまいがちですが、このワンズ達は一度は殺傷へと運命つけられていたのかと思うと、胸が痛くなります。。
ワンズからは人間に対する恨みなど、微塵も感じないからでもあります。。

道で会うと、どの子も必ず寄って来て呉れてご挨拶してくれ、実は毎回うちでお受けしようかどうか迷ったりしていました。。

ですが、うちでは二男が手がかかるし、今では猫も、そしてパパさんの意向もあり、ただ眺めているだけで本当に申し訳なく思います。。

とても印象に残っている子たちは、モカ(しおちゃん)とリン姉妹。
この子たちは最後まで他のワンズのように無条件に甘えてくることは有りませんでした。
最初のころはむしろ、私の接近を嫌がっているのが本当に分かりました。
この子たちは大きくなっても、人に懐かないのではないだろうか。。こんな思いが私の中にありました。
里親様が現れたと聞いて、正直トライアルで戻される、、。愛してもらえないのではないか、、そう思いました。
ですが、いまでは、里親様のブログを拝見し、えーーーー!全然違うじゃないか!!わーーーーよかったと。。。
リンが笑ってる。。。
しおちゃん甘えてる~!!
人ってすごい!!愛情ってすごい!!あたしも二男がんばろー。と思うのでした。。

ブン太はでっかくなって面影なんか微塵もない超イケ面になってるし、シルクはいた時から気品があったけどさらにセレブな感じに!!
隼人も、最初はフウの母様意外あまり心を開いてくれない感じでしたが、お写真を拝見したら、なんだか凄く感じが変わって彼の甘え方がいじらしい。。悶えるわ。
体は大丈夫だろうか。。

もう沢山のワンズのご縁を繋いでこられましたね。。
最初のころは、里親様が決まるとフウの母様以上に、フウがしょぼくれていたのを思い出します。。

フウの母様の活動を通じ、他にも保護権活動や、怪我や病気のワンズを個人で保護したりしておられる方々を知り、まずは自分の子供たちが、命に責任を持って生きられる人間に育てなければならない、そう強く思いました。

そして私も非力ではございますが、応援させていただきたいと思います。。。
これからもどうぞよろしくお願いいたします。。。

| hiroro | 2013/11/07 13:58 | URL |

幸せにします!

フウの母様
ブログ拝見し、熱いものが込み上げてきました。文章に書くのが下手なので多くは語れませんが、ひばりちゃん、我が家の一員として迎え、家族として大切に育てていきますね。我が家へ迎えるまでの色々なお気遣い、本当に嬉しく思っています。ありがとうございます。

| y-riko | 2013/11/07 23:00 | URL |

hiroro様へ

引っ越してお向かいになって9年経つのですね
一番最後の方に引っ越して来て
しかも保護猫5匹連れでしたので
ご近所に迷惑掛けないないように正直ハラハラでした

そんな時ご近所との懸け橋をして貰ったhiroroさんには
本当に感謝しています。

預かりを始めた頃(デール)は
家族の理解は余り得られませんでした

デールとの別れの時は今も鮮明に覚えています。
hiroroさんが一緒に泣いて下さったことも^^:

しおちゃん(モカ)・リンは
人間の罪を感じさせられる子でした

それでも変わらぬ愛情であんなに変わっていくしっぽの子達
純粋で健気で息子達より可愛いです(笑)

これからもご迷惑お掛けするかと想いますが
よろしくお願いします。

いつもご支援などありがとうございます。

| フウの母 | 2013/11/08 18:43 | URL | ≫ EDIT

y-riko様へ

コメントありがとうございます。
仕事の為に毎日お留守番の我が家ですので
きめ細やかなお世話をしてあげられませんが
どうかひばりをよろしくお願いします。

お届けの日までもう暫くお待ち下さい

お気持ちに感謝申し上げます

| フウの母 | 2013/11/08 18:47 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kazenoyousei366.blog62.fc2.com/tb.php/509-47c31552

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT