命の灯火(ともしび)を消さないで・・・・

同じ星のしっぽの仲間の声が聴こえる 「もっと生きたいよ」 って

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

★ 飼い主さんを想って命を終えたの?チィちゃん ★

ゴールデンのチィちゃんと出逢ったのは
預かりを始めてから週末だけ行っていた広い原っぱでした
  (通称天然ドックランと呼んでます)

そこで多くのワン友さんが出来ました

代々の預かりっ子も可愛がって貰いました

そんなわん達の中で特にどんな子にも優しかったのがチィちゃん

飼い主さんはお孫さんが居られる年代の方ですが

膝に痛みがあってもチィちゃんのお散歩は
朝晩に1時間半づつと夜におトイレの為にと3回してました

そんなお母さん(飼い主さん)が大好きだったチィちゃん

12歳を迎えましたがパピーのように
お母さんにいつも甘えていました

そして
人の会話がまるで分かるように立ち話を聞いてる子でした


先日久々にチィちゃんと逢った時

飼い主さんから入院する話しを伺いました

30年前に膝にボルトを入れたらしいのですが
それを摘出して再度入れ直すようになったのです


入院期間は1ヵ月半くらい掛かるとのこと

問題はその間のチィちゃんです

息子さんと同居されてますが夜勤のあるお仕事で
今までチィちゃんのお散歩をしたことがなく

結婚した娘さんが預かるようになるらしいのですが
娘さんはマンション住まいなので
庭の土掘りが大好きで
夜はお母さんのお布団に潜り込む子ですから
環境の変化でどうなるか・・・


チィちゃんの為には長年住み慣れた家が一番なので
飼い主さんはチィちゃんの為に早めに退院してくるお気持ちでした

チィちゃんの事で何かあったら連絡して貰えるように
携帯番号を控えて貰いました

入院は6月下旬か7月上旬の予定でした

「どうしたかな」と気になっていましたが


今日 チィちゃんの訃報を知りました

「なぜ・・・」その言葉と涙しか出ませんでした


少しアレルギー体質のチィちゃんには
高額な療養食を動物病院で購入されてましたし

定期的に健康診断もして
先月もどこも異常がないと診断結果に喜んでおられたのに

私から話しを聞いていたワン友さんの柴犬が
お散歩中にグイグイ引っ張る方向がチィちゃんのお宅だったそうで

他犬の犬には吠えてしまう柴犬のミルクちゃんも
チィちゃんだけは信頼していたのです

そしてチィちゃんの事を知ったそうです

飼い主さんのお話しでは

入院中のチィちゃんの事で
娘さんと息子さんと家族で話し合った直後から
食いしん坊だったチィちゃんが
食べようとしなくなったそうです

それでも
お散歩も変わりなく
病気を感じさせる様子もなかったらしく

いつものようにお散歩を終えて
飼い主さんが飲み水を取りに家に入り
戻って来たらチィちゃんが亡くなっていたそうです

僅か1分くらいの時間だったでしょう

チィちゃんを知ってるワン友さんの想いは一緒でした

「大好きなお母さんが無理しないで療養出来るようにチィちゃんは・・」


その想いを誰より一番感じてるのは飼い主さんです





    img41301.jpg
        リブレお預かり中の時に撮影したチィちゃん


いつも笑顔で優しかったチィちゃん

チィちゃんと挨拶出来た最後の預かりっ子となったキキとポピー


   DSCF4189.jpg
      雨で退屈中のキキ & ポピー



   DSCF4188.jpg



   DSCF4184.jpg



   DSCF4187.jpg



   DSCF4192.jpg



   DSCF4191.jpg


大好きなお母さんの手術が無事に済むように
きっと見守ってくれてることでしょう

大型犬で12歳だったチィちゃんだから
寿命で偶然そうなったと言えばそれまでですが

チィちゃんを知ってる人達は誰もが
「お母さんを想って」と思わずにはいられません

事実は虹の橋へ渡ったチィちゃんだけが知っていることです
大好きだったお母さんの傍で静かに逝ったチィちゃん
いつまでもお母さんを見守ってくれることでしょう

預かりっ子達にいつも優しくしてくれてありがとう
そうチィちゃんにお礼を言いたいので

明日(既に今日)キキとポピーと一緒に
チィちゃんのお宅へ伺うつもりです


      にほんブログ村 犬ブログ 犬 里親募集へ

              長年一緒に暮らしておきながら
              老いて世話が面倒だから
              医療費を掛けたくないから
              そんな理由でセンターに持ち込まれる命
              飼い主に心の痛みはないのでしょうか
              命あるものは必ず死を迎えます
              多くの子達がチィちゃんのように
              飼い主さんの傍で最期の時を迎えられますように
              クリックをお願い致します

                                   


     glass12.gif     glass12.gif
   

| シニア ゴールデン チィちゃんへ捧ぐ | 02:23 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

まずは、チィちゃんの御冥福をお祈り致します。
我が家にももうすぐ11歳を迎えるワンコがいるので、とても他人事とは思えません。
もし、ムックが突然…と考えただけで震えてしまう程です。
チィちゃんは本当に人間に近いワンちゃんだったのでしょうね。
飼い主さんへの深い深い愛情が哀しい奇跡を起こしたのでしょうか…。
けれど、生命は永遠ですから、必ずチィちゃんはすぐに生まれてきます。もう、すぐそこに居るのかもしれませんね。私もそんな哲学を持って我がワン子の最期を受け入れられたらと願ってます。
チィちゃん、会った事は無いけれど、深く強く胸を打たれました。
貴方の事は忘れません。
どこかで逢いましょうね。
ありがとう…。

| むくむくムックりん | 2013/06/29 00:24 | URL |

なんと言えばいいのか

初めまして。

記事を読んで 涙が溢れて 仕方がないです!
犬は 周りの空気を 読めますから。

気を使われたんだと 思います!

飼い主さんの 愛情の深さが わかり切ないやら 美しいやら
今の 日本人の家族に失われた姿がそこにはあるような 気がします!

| みき | 2013/06/30 18:04 | URL |

むくむくムックりん 様へ

いつもお気遣いありがとうございます。
ちぃちゃんは会話を本当に良く聞いてる子でした
普通ならば犬や猫達の寿命の方が短いので
見送る時が訪れるのは避けられませんが
その時に悔いのない時間を過ごせたらと思っています
むくむくムックりん 様体調はいかかですが?
お逢い出来る日を楽しみにしております^^

| フウの母 | 2013/07/03 17:19 | URL | ≫ EDIT

みき様へ

はじめまして
拙いブログをご覧頂きありがとうございます

みき様の仰るように便利な世の中になった分
家族愛も昔とはかなり違って来ているように感じています

12年お互いが必要としながら時間を積み重ねてこられた
飼い主さんとちぃちゃん

これからは飼い主さんを見守り続けてくれると想います
またお時間のある時には是非ご訪問下さい

温かなコメントありがとうございます

| フウの母 | 2013/07/03 17:25 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kazenoyousei366.blog62.fc2.com/tb.php/460-8dac1ec3

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT