命の灯火(ともしび)を消さないで・・・・

同じ星のしっぽの仲間の声が聴こえる 「もっと生きたいよ」 って

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

★ 無念で眠れなかった夜・・・ ★

「自分の言動は鏡のように自分に跳ね返ってくるものだ」と

亡き父から私自身が言われたことを
子供達にも幼い頃から言ってきました

そんな私は父の教えを守っているか微妙です・・

特に今の私は怒りとも悲しみとも表現出来ない想いで
2日間ばかり眠れませんでした

私のブログで何回も紹介させて頂いております
森の仲間さん (あえてそう呼ばせて下さいね)

新たな命を迎える為に尽力されてました

行政の厚い壁に阻まれながらも
今現在いる9頭の犬達も元気に生き生きと
みんな良い笑顔をしています

今回も迎える為にはかなりのご苦労がありました

持ち込むことは簡単なのに
その命を迎えることは多くの規制があるのが現状です

老犬・痴呆・自力で立てない・・・
それがセンターからの情報でした

森の仲間さんは決して介護マニアではありません

目に留まった子を家族に迎えたいという
自然に溢れる感情を行動に移されるだけです

私など足元にも及びません

自力で食事どころか水分も取れない状態の子は

ジュノーちゃんと命名し週明けに迎えに行くのを待たれてました
  (週末に状態が悪くならないことを祈りながら)

向かった栃木県までの
車中の窓から見える空は眩しいほどの青さでした

そしてジュノーちゃんを引き取り
帰路に向かう走行中には
「ジュノー帰るよ」と
優しく声を掛け続け

ジュノーちゃんは全身から声を出していました

バルトくんも下半身麻痺で失明してるとの情報でしたが

今では森を走れる程になりました

お迎えまでもたないかも知れないと言われたルナちゃんも
自力で歩き始めました

ジュノーちゃんにも森を感じて貰いたい

森のパワーで回復して欲しい

ただただ祈ることしか出来ない不甲斐ない私

森の仲間さんのお宅で暖かな寝床に横たわり

シリンジから栄養水を飲み、
シリンジから栄養食を飲み

人の温もりに包まれ
迎えを待っていたかのように
その数時間後にジュノーちゃんは
静かに逝ってしまいました


自分を責める森の仲間さんの想い

ジュノーちゃんの声

眠れずに朝を迎えました

ジュノーちゃんは獣医師が持ち込んだ命です

怒りを通り越しもう言葉もありません
 (私の今の感情は父の教えに背いています・・・)


森の仲間さんの想いなど知る由もなく
センターへ持ち込んだ手で
何事もなかったように
診察に訪れる動物達を診ているのでしょう

翌日に亡骸を森へお散歩に連れて行かれました
  (この森で新たなスタートを始めるつもりでしたから)

まるで眠ってるようなジュノーちゃん

風もピタリと止み陽射しがジュノーちゃんに降り注いでいました

バルトくんやルナちゃん

そして森の仲間さんの子達のように森で逢いたかった

看取る為に迎えに行ったわけではない
森の仲間さんが一番無念でしょうが
ご自身を責め続けられています

何故 命を助けたい側の人が
傷つき、苦しみ
自分を責めなければならないのでしょう

今日 ジュノーちゃんは森の仲間さんの家族として
見送られます


ジュノーちゃんは13番目の家族だよ
   (知り合う前に星になった子が3ワン居ます)

今日も雲一つない青空でした
フウとネロとお散歩中に
空に向かってジュノーちゃんの冥福を祈りました

人間はいつになったら残酷な行為を辞めるのでしょう


甘えながら見つめるネロの視線が胸に突き刺さります

DSCF3184.jpg


DSCF3179.jpg
      ネロも処分される子だったのに人が大好きです


小さいお子さんにもシッポを振ってお座りします


DSCF3181.jpg
    我が家のフウも保護犬です


フウ 同じ仲間をこれからもよろしくね


      86146045.jpg
        ジュノーちゃん多くの子達がそこには居るからね
        「虹の橋」で逢おうね―愛する動物たちとの再会の時に
                      :イーグルパブリシングより

l30.gif


        にほんブログ村 犬ブログ 犬 里親募集へ

             全国各地で期限の迫った子達が居ます
             センターが年末休みになれば保護も出来ません
             少しでも多くの命が温もりに包まれますように
             クリックをお願いします




| 獣医が持ち込んだ命 | 23:45 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2012/12/13 11:43 | |

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2012/12/14 03:00 | |

鍵コメ1様へ

温かいコメントありがとうございます
森の仲間さんへお伝えさせて頂きました
子犬の頃は可愛がり飽きれば物のように扱う飼い主
人間も老いることを感じないのでしょうか
鍵コメ様のような方が増えてくれることを願います
今頃虹の橋で出逢っていることでしょう

| フウの母 | 2012/12/14 15:47 | URL | ≫ EDIT

鍵コメ2様へ

どんなに高額なお金でも買えないものは
命と出逢いだと想っています
出逢えたことに感謝しています
これからもよろしくお願いします

| フウの母 | 2012/12/14 15:49 | URL | ≫ EDIT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2012/12/14 18:32 | |

ありがとうございました。

フウの母さん、ありがとうございます。
温かい言葉、
温かいお気持ち、
そっと置いてくれたジュノーへの手向け、
どれもこれも、感謝の言葉しかありません。
鍵コメさんから戴いたお言葉もしかり!

皆さんから戴いた優しい想いがあったから、ジュノーの最後は幸せだったと思います。

この際、人間側の苦悩などはどうでもいいことです。
一つでも多くの命を誰かが迎え、繋がっていく事を!

| SHOJI | 2012/12/17 01:27 | URL |

鍵コメ3様へ

公園はイルミネーションで飾られてる時期ですね

ブログにもお越し頂き温かいコメントまで
本当にありがとうございます

センターに居る子達は
恐怖で怯える子
これから起こる自分の運命を知らずか
職員さんへしっぽを振って愛想を振りまく子
どちらも胸が痛くなります

愛護センター・・・
この響きが虚しく感じることもしばしばです

お逢い出来たら声を掛けて下さいね

温かいお気持ちありがとうございます

| フウの母 | 2012/12/17 15:52 | URL | ≫ EDIT

SHOJI 様へ

コメントありがとうございます
ジュノーちゃん初七日ですね・・・

今はまだまだお辛いこととお察しします

人間不信になることが多い事ばかりの中で
感謝してるのは私の方です
出逢えたことをしっぽの子達にいつも感謝してます

そして大切にしたい出逢いです

これからもよろしくお願いします

| フウの母 | 2012/12/17 16:04 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kazenoyousei366.blog62.fc2.com/tb.php/406-f1df1481

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT