命の灯火(ともしび)を消さないで・・・・

同じ星のしっぽの仲間の声が聴こえる 「もっと生きたいよ」 って

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

★ マーブル バティ姉さんと逢う ★

梅雨の中休みのような湿度の低い昨日・今日
仕事をしないで何処かに出掛けたくなります

我が家に預かりっ子を迎える度に
逢いに来る私の18才からの親友とМダックスの「バティ」

マーブルに逢いに来てくれました

家にフウ以外の犬が来た時にどんな反応をするのか
毎回 預かりっ子の様子を見ますが

マーブルは犬ですが猫をかぶったように良い子で

友人いわく

「マーブルは目が可愛い~それに凄くいい子だし」と

友人にはミニピンは犬と思えない犬種のようで

実は私も犬より小鹿のイメージがありました

実際ミニピン預かり依頼があったとき
仮名を「バンビ」にしようかと思ってました

それでも
お預かりした瞬間に浮かんだのが「マーブル」でした



DSCF2388.jpg
       マーブルとバティ初ご挨拶


DSCF2386.jpg
        友人にもアピール



DSCF2390.jpg
        バティには勝手知ったる我が家です



DSCF2385.jpg



DSCF2389.jpg

私のブログを以前からお読み頂いてる方は
バティが友人の家族を救った
救世犬なのはご存じの事でしょう

バティは我が家のフウ兄弟と同じ保護主さんの元で
一緒に保護されていました

フウ達は無責任な多頭飼いの飼い主によって
処分される運命でした

バティはある譲渡会に飼い主さんが連れて来た子です

飼い主さんがリストラのあおりを受け
仕事を失った挙句に社員寮からも退去しなくてはならず
バティと暮らしていける余裕もなくなり
先の目途も立たない状態の中
「せめてバティだけでも」という思いで
頼みに来られたそうです

譲渡会(里親会)は保護犬の出逢いの為に開催します

おそらく一旦は断られたでしょうが
バティの飼い主さんの気持ちに応えてくれた人が

しあわせの種 ← フウの保護主の「じゃんさん」でした


この時から今日までの出逢いは
決まっていたのかも知れません

私自身は母を亡くし
父も既に他界しておりましたので
何とも言えない思いで日々を送る中

「もう一度犬と一緒に暮らしたい」と思うようになり

里親の応募をしましたが

過去に野良猫23匹を保護した時に
貰い手のなかった猫が5匹おりましたし
  (オス猫ボスとメス猫ミャーは昨年虹の橋を渡ってしまいました)

仕事で毎日留守番もある我が家ですから
ことごとく断られました・・・

「やっぱり無理なのかなぁ~」と諦めそうになった時

フウ達兄弟を「いつでも里親」で知り
駄目もとで応募しました

じゃんさんのご実家では
猫を当時8匹飼われてたこともあり

フウ達兄弟とお見合いをさせて頂きフウを迎えました

まだパピーだった為にお宅でのお見合いでしたが

その時にバティも居ました

バティが妙に気になりながら

フウのトライアル、正式譲渡と

はれて我が家の子になったフウ

今は先住犬となり次々に来る預かりっ子に
威張ってばかりいますが・・・

そして友人の息子は自分でも気付かないほど
限界を超えて頑張り過ぎてしまい
心が壊れてしまった時

犬のセラピー能力を信じてる私は
バティを迎える事を勧めました

子供の頃から犬は苦手(怖い)だった友人ですが・・

じゃんさん~~

バティは友人のかけがえのない子となり
大切に、大切に可愛がられていますからね~~

犬が苦手だった友人がバティにはメロメロですから


そして

バティが救った友人の息子は
通院していた医師から長期になるかと言われていましたが
嘘のように元に戻り
これには医師も驚いていたそうです

そして

現在は動物関係の仕事をしています

友人の息子を救っただけでなく
家族全員を救ったバティ

これからも我が家の預かりっ子を見に来てくれるでしょう


line_clover053.gif
 






      にほんブログ村 犬ブログ 犬 里親募集へ

          純粋なしっぽの子達は傷ついた心に
          想像を超えるものを与えてくれます
          そんな子達へ人間のしてる行為は・・・
          飼ったらその子の犬生の最期まで傍に居て下さい
          センターで苦しむ子達がいなくなる日が来ますように
          クリックをお願い致します






!cid_BFF3D63F-DECE-414B-BC49-A943038B0BDC40tokox1_kt_home_ne-thumbnail2.gif




| ミニピン マーブルと Мダックス バティ | 03:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kazenoyousei366.blog62.fc2.com/tb.php/355-9f550741

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT