命の灯火(ともしび)を消さないで・・・・

同じ星のしっぽの仲間の声が聴こえる 「もっと生きたいよ」 って

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

★ フウの居ない夜 ★

昨日 いつもより早目の夕飯を食べさせて
夕方6時半に入院したフウ

診察台ではビビりで
借りて来た猫状態 (犬ですが 爆 )

「心配な事や聞いておいきたいことありますか?」と
先生が優しく言って下さりましたが
「全てお任せしますので」と
答えました

正直 色々気になったらきりがなく
手術前の検査で 何か病気でも見つかったら とか
全身麻酔で目が覚めてくれるだろうか など

「検査の結果何も問題なければ 明日の午後2時には
手術は終わりますので
麻酔が覚めて しっかり意識を確認した段階で
携帯へご連絡しますから
必ず連絡を受けられるようにしておいて下さいね」

携帯肌身離さず持っていますとも

フウが不安げだったので
素早く診察室を出ました

僅か4ヶ月半前までは
我が家には 居なかったフウですが

帰宅して フウが居ないことに
改めて 存在の大きさに 気付かされました

保護親さんの じゃんさん♪ が命名してくれた通り
フウは 我が家の フウ(風)になってました

迎えに行く明日は
台風の影響でかなり大雨になりそうですが

雨が降ろうが 槍が降ろうが
迎えに行きますとも

雨の合間をみて
デールの散歩をしながら
「この子は 飼い主に裏切られ 死を迎える子だったんだ」 と思ったら
飼い主への怒りが込み上げて来ました

もうデールは 生きていないと思ってるであろう
無責任な 元飼い主さん
保護ボラさんから 命受け取ってます

そして
デールは 絶対に幸せになって貰います

元飼い主だった人
あなたには 二度と犬や猫を飼う資格ありません

フウの手術の日に
あまり 怒りの感情も 持ちたくないので
気分を変えて
日頃 陰を潜めてる ニャンズを紹介します

                              
               091005_083536_ed.jpg
               

               091005_083455_ed.jpg
                   ニャンズ専用ベット (1つ空いてるのは)

                091005_091243_ed.jpg
                   キッチンの私用の椅子に 爆

この子達も23匹保護し
貰い手がなく 野良猫となる運命の子でした

フウとの共同生活に心配でしたが
流石 おばさん集団

フウを上手にあしらってます

| 未分類 | 08:21 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kazenoyousei366.blog62.fc2.com/tb.php/35-a7d9c692

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT