命の灯火(ともしび)を消さないで・・・・

同じ星のしっぽの仲間の声が聴こえる 「もっと生きたいよ」 って

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

★ 母親と預かりの狭間で ★

子供は私の遺伝子を受け継いでしまい
3人ともが小児喘息を患っていました

特に長女は小学生になるまで
1年の半分は入院を余儀なくされ
入院中は24時間の付き添い生活でした

長男も二男も長女ほど重くはありませんが
やはり喘息もちでした

動物好きの私ですが
子供達には動物嫌いを一貫して通して来ました

が・・・・

7年前に賃貸マンション(アパート程度)の庭で
野良猫が次々と出産してしまい
気がつけば1年で親猫・子猫総勢23匹に・・・・

上手に出産の出来ない親猫から子猫を引っ張り
タオルで拭いて口から空気を入れているところを
しっかり子供達に見られ

「お母さん 凄い 」と

最初で最後の尊敬の眼差しを受けました

動物嫌いが嘘であることがバレてしまったのは言うまでもありません
23匹の猫達は地域で猫の保護活動されてる方のご協力で
それぞれ幸せになれました

その後貰い手のなかった猫達を連れて
現在の家へ引っ越してきました

2年前に多頭飼いで処分される6兄弟のうち
フウを我が家へ迎えました

その時に犬・猫の現状の酷さに
言葉を失うほどのショックを受け

保護活動されてる皆さんの
少しでもお役に立てないかと

本来の犬好きに火が付き
試行錯誤しながら現在に至ってます

フウは息子達から末っ子のように甘やかされたので
いつまで経ってもビビりの甘ったれです

次々に来る預かりっ子に

ある日長男が

「お母さんは忙しいのに何でこれ以上忙しくなるようなことして
 全部の犬を救えるわけないし、きりがないじゃないか」と

私は

「フウもその処分される子だったんだけど」と答えると
長男は黙ってフウを見つめ

それ以後は預かりっ子を次々迎えても
  (2ワン預かりも続きました)
一切なにも言わなくなりました

二男は
「次はどんな犬が来るかなぁ~」とのんき者です
一応大学受験生なのですが・・・

ムックを迎え

小型犬とは全く違う吠えに

夕飯時に長男が

「お母さんは俺の就職より犬の方が大事なんだよね」と
唐突に言いました

過去のブログに書かせて頂きましたが

長男は7月に教員採用試験を受験し

まもなく第一次の合格発表の日が迫り
かなりナーバスになっているのは感じてました

私は

「どっちが大事って、人間でも犬でも、命より重いものってあるのかな」とだけ言い
家事を済ませました

福島へお手伝いに行った時を想い出してくれると信じて

相変わらずムックは外部の物音に反応して吠えますが


ある日 台所に居ると

「お前は良く吠える奴だな」とムックの傍に横たわって
ムックを撫でている長男の姿が見えました

「ありがとうね」と心の中でつぶやきました

身勝手な人間によって処分される子達に
何かしたいと考え
預かりを始めた私ですが

1階はキッチンとリビングだけの狭い我が家ですから
預かりっ子達の匂いと抜け毛
そして
おしっこの匂いもこもってしまいます

息子達も言いたいことはあるでしょう

それでも
僅かでも命を助けたい私の気持ちは
 

いつか私がこの世を去った時に

身勝手に命を平気で処分する親の子と
フウの仲間を少しでも助けようとした親の子と

どっちの親の子で良かったと思うかは
その時に感じてくれるでしょう

そして今幸せへと送り出したい
ムックは食欲旺盛元気一杯です




     img32953.jpg
          地球の裏側までも歩いて行けそうなムック
          リードの引きは、出だしだけで後は私に合わせて歩けます



     img32022.jpg
           相変わらずピンクの舌は長いです
           ノーメイクでここまでクッキリ顔は羨ましいです


     img26021.jpg
           出来たばかりのピッカピカの公園で


息子を呼んでも妬くムック

ムックのかまってチャンに応えて下さる
ご家族様を待とうね  ムック

ブログ内の預かりっ子のムックの画像をクリックして頂ければ
ムック募集の詳細がご覧頂けます      
    

    image1934_20110801065251.gif


          にほんブログ村 犬ブログ 犬 里親募集へ

              これ以上不幸な犬や猫達が増えないことを願い
              クリックをして頂けたらと思います 

| コーギー「ムック」 | 23:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kazenoyousei366.blog62.fc2.com/tb.php/245-6357e71f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT