命の灯火(ともしび)を消さないで・・・・

同じ星のしっぽの仲間の声が聴こえる 「もっと生きたいよ」 って

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

★ そのままのリブレで ★

センターに収容された子達は
多かれ少なかれ精神状態が不安定になるのは無理もないと思います

人間よりはるかに優れた臭覚と聴覚で
処分される子達の最期の声が聞こえているのではないかと・・
私にはそう思えてなりません

リブレを我が家へ迎えた時に
神経性の胃腸炎になっていました
幸い協力病院で処方して貰った薬の投薬で症状は治まりました

甘える反面 ふとしたことで唸るリブレ

保護されるまでの環境にも原因があったでしょう

我が家の預かりっ子は

幸せになった子が
次の子を我が家へ託してくれてると思っています

ボーイ  からリブレへと

ボーイとリブレは正反対の性格をしています

人間と暮らしたことがなかったと思われるボーイは
人間に対して無防備なほどに人懐こい子でした
悪戯もたくさんしでかしてくれました

対象的にリブレはどんな長時間のお留守番でも
一切悪戯をしない子ですが
人間の顔色を常に伺い警戒心が強い子です

預かり当初は甘えたくて近づく時でさえ小声で唸りながら傍に来ました

そして

預かり2日目までに、お口が3回出ました

それには理由があってのことでしたが
これから本当のご家族様に迎えて頂くには
我が家で出来る限り無くすようにしなくてはなりません

リブレには誤魔化しは一切通用しない賢さがありました


1ヶ月間一緒に暮らして
リブレの過去が何となく分かり始めました

いい子でいなければいけなかったリブレ

いい子とは人間の都合の良いという意味のものです

お手・お座り・ハウスも出来ますが
従わなければ恐怖を感じることがあったように思えます


犬や猫にも感情があります
嫌なことだってあるでしょう

それを無視して言うことに従わなければ
「飼ってやってるのにその態度はなんだ」と

そして、力で従わせようとする飼い主が
結果的にはセンターへ持ち込むことが多いように思います

リブレには無理強いすることは避け
   (それは何でも我が儘も許すという事ではありません)

いけないことだけは一貫して言い聞かせました

預かりから1週間が過ぎた頃から
リブレは少しづつ変わって来ました

唸ることはあってもお口が出ることはそれ以来ありません

唸ることも当初より激減しましたが
全くなくなったわけではありません

要求吠えも無駄吠えもしないリブレ

私に甘えたい時にオモチャを咥えて近寄って来ることもあります

飼い主にそうやってご機嫌をとっていたのでしょうか・・・

最近は我が家を自分の家と思うようになり始めました

預かり親が一番複雑な心境になる時です

リブレに対しては

ゆっくりと長期になっても向き合っていくつもりでいましたが

そんなリブレを

時間を掛けて家族に迎えて下さるとお申し出下さったご家族様が

お電話でリブレの様子を細かくお話しさせて頂きましたが
リブレを迎えたいお気持ちに揺るぎはありませんでした

そして

7月3日(日)にリブレはお見合いを致しました

М様ご家族様はリブレに吠えられることも
唸られることも覚悟でおいで下さいました

ところが・・・・・



     img52479.jpg



     img88224.jpg
     午後にご用事があるご長男さんも時間を割いて逢いに来て下さいました



     img28912.png
          ご主人様に抱っこされて


     img88775.jpg
          ご長男さんにも抱っこされて


М様ご家族様はリブレの甘えに拍子抜けされました


リブレにはМ様ご家族様のお気持ちが伝わったのでしょう

そして

ボーイがリブレを私に託した意味が分かりました


     img30612.jpg

               

                bd_flower6.gif


                  img94145.jpg
            今年の2月に虹の橋を渡ってしまった
            М様ご家族様のコーギーの「ラッキーくん」です


ボーイのご家族様も最愛の「ジータくん」が
今年虹の橋を渡ってしまったのです

ボーイのご家族様もリブレご希望のМ様ご一家も

愛情を注いだしっぽの家族を失った悲しみを乗り越え
保護犬を迎えて下さるお気持ちが同じです

「ラッキーくん」のお写真を拝見した時に
犬種は違うのに瞳が似てると感じました

М様ご家族様も同じように感じられたとのことで

お見合い日にリブレの様子をお話しすると

「ラッキーもそうだった、性格までそっくりだね」と
ご家族様でお話しされていました

「今のリブレのままで迎えます」と仰って下さいました


リブレは7月9日(土)に幸せへと我が家から旅立ちます

環境が変わればゲームの「双六」のように
ふり出しに戻るかも知れないリブレ

それでも

「時間をかけて家族になって行きます」とママ様

リブレ最高のご家族様と出逢えたね

それは リブレが一番感じてるね

旅立ちの健康チェックも済ませました


我が家からご家族様に迎えられた預かりっ子が

「そこの家には白い(、(フウ)のと、犬族でない(ニャンズ)のが居るし
 毎日留守番ばかりだし 家に居る時のおばちゃんはバタバタしてるけど
 そのおばちゃんの目から水が流れることが多くなったら
 幸せが待ってる時だから

そんな声が聴こえてきそうです

リブレも「幸せ組」の仲間入りする日は
もうそこまで来ています





   bd_tanabata68.gif    にほんブログ村 犬ブログ 犬 里親募集へ

             夏休みは放棄される犬・猫が増える時期です
             罪なき子達が処分されることが無くなりますように
             願いを込めてクリックをして頂ければと思います



| 未分類 | 07:40 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

こんばんは。初めてコメントさせていただきます。
ダディ預かりのkaorukoです。
フウの母さまの記事を読んで、涙がとまりません。
リブレ君、素敵なご家族にめぐりあえて本当によかったですね。
ダディもリブレ君に似たタイプです。
「人間は怖くない」を知ってもらうよう、長期戦の覚悟ですが
いつか 「そのままのダディで。。」と 言ってもらえるように
ワタシも頑張っていきたいと思います。
リブレ君とフウの母さまから希望をいただけました。
ありがとうございました。

そして お疲れ様でした。

| kaoruko | 2011/07/08 00:30 | URL |

kaoruko様へ

ご訪問ありがとうございます。
ダディくんがリブレに似た性格なのは直ぐに分かりました
私は今でも預かりっ子を迎える度に
「幸せへのご縁を繋げることが出来るだろうか・・」と
毎回プレッシャーを感じますが
無念な想いで処分される子達の中で
僅かにに保護された子はその先に迎えて下さる
ご家族様が待っていて下さると信じて
その日まで預かりをしています。
ダディくんももう1度生きるチャンスを貰えた子です
必ずご縁に繋がると想います。
預かりボラ同士これからもよろしくお願いします

| フウの母 | 2011/07/08 03:28 | URL | ≫ EDIT

ありがとうございました!

こんばんは、コメントありがとうございました!
ちょっと弱音を吐いてしまいましたね・・・
でもフウの母さんの言葉に励まされました!
ムートの幸せ探し、頑張ります!(^^)!

ボーイくんがりブレくんを呼び寄せたのですね!?
本当にそう思えるエピソードにビックリです。
ボーイくんもりブレくんも、素敵なご家族の一員になれて
幸せですね♪
保護犬はご家族の思いを敏感に感じるからこそ
唸る子が自然に甘えたりできるのでしょうね。
ご縁て不思議。でも必然なのだなって感じます。

まだまだ新米な預かりママですが、これからもよろしくお願いします(*^_^*)

| だのん | 2011/07/11 23:19 | URL | ≫ EDIT

お返事遅くなりました><

預かりっ子の毛並みの色合いによっては
実物の可愛さがブログで表現出来ない時がありますね
ムートくんはゴージャスコートの可愛い子なので
必ずご縁が待っていると想います^^
保護される子達はスタッフの方々ですが
その中から我が家へ来る子は
幸せになった子から私へ託してくれてると
いつも感じるんです。
猛暑が続きますので
お身体に気をつけてこれからもよろしくお願いします。

| だのん様へ | 2011/07/12 18:49 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kazenoyousei366.blog62.fc2.com/tb.php/236-8055acd7

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT