命の灯火(ともしび)を消さないで・・・・

同じ星のしっぽの仲間の声が聴こえる 「もっと生きたいよ」 って

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

★ フィラリアに勝ったシニア犬 ジュン ★

ボーイをトライアルの為にO様ご家族様へお届けしてから
Ⅰ週間が経過しようとしています

お届けした時にO様のママさんは風邪気味とお聞きしておりましたが
その後、発熱とのことでボーイのトライアルのご報告は暫くお待ち下さい

具合の悪いママさんにお構いなくヤンチャぶりを発揮しているようです
O様のママさん,早く回復されますようにお大事にして下さい

預かりっ子が居ない我が家は
フウと貰い手のなかった熟女ニャンズになりましたが

小型犬のチョコチョコした子が居ない今
狭いリビングがなぜかガラ~ンと感じます

が・・・・

この時期にどうしてもしなくてはならないことがあります


それは

我が家のフウとは別にもう1ワンの我が子「ジュン」

私のブログを以前からお読み下さってた方は

「あの大型犬ね」と想い出して頂けるでしょう


昨年 ある県より個人で保護したサモエドMIX風の大型犬

猛暑の中4ヶ月以上もセンターに収容されていた
飼い主持ち込みの子でした

飼い主の申告が事実ならその当時で10歳でしたので
今年で11歳になるジュンは

私の知り合いのМさんのお宅で寄り添って暮らしておりますが

保護して「やっと幸せになれる」と喜んだのもつかの間

ジュンはフィラリア重度になっておりました・・・・
心臓の半分以上がフィラリアに侵され
いつ心臓の血管が詰まってショック死してもおかしくない状態でした

10年も一緒に暮らしながら
センターへ持ち込んだ飼い主への怒りは
一層につのりましたが

ジュンを助けるには年齢を考慮し
点滴での治療を行うことにしました
それでも
心臓への負担のリスクを考えると
結論を出すまでには葛藤がありました

そして

2回の入院と数ヶ月の投薬、運動制限を強いられたジュン


今年もフィラリアの季節になりましたので

木曜日に検査の為に獣医さんへ連れて行きました

往復4時間の運転(しかも大型犬のジュンを乗せて)は
周りから見たら驚かれる光景だったと思います。


保護当時は毛玉が酷くて
全身の毛を刈るしかなかった豚の体に犬の顔状態でした

見違えるほどになった姿に先生も驚いておられました


血液検査の結果を待つ時間が長く感じられました


先生から「陰性だよ。良かったね」と言われた瞬間
身体中の力が抜け涙が流れるばかりでした

「先生、ありがとうございました」そうお礼を言うのがやっとでした

帰りは保護した当時を思い出し
しっかり道を間違えいつもより時間が掛ってしまいました

Мさんに結果を直ぐに連絡しМさんも大変に喜んでました


ジュン もう運動制限もなく思い切り走り回れるんだよ 

「毎日ブラッシングして貰ってるね、毛玉1つないよ」と
先生が言って下さったジュンは



     DSCF1336.jpg



     DSCF1337.jpg
     



     DSCF1338.jpg
       こんなにフサフサの可愛い瞳のジュンに戻りました


正直 実物の方が写真より数倍も可愛い子です

長いセンター生活で神経過敏になっていたジュンは
今ではМさんに大きな体で甘える子になりました

Мさんの愛情の賜物だと感謝しています。

私はジュンから見たら

「車で怖いところ(動物病院)へ連れていく変なおばさん」と思ってるでしょう

Мさんの娘さんご一家はニューヨークに移住されてる為に
お独り暮らしですので
Мさんにとって大切な家族のジュン


1年でも、1ヶ月でも、1日でも
長生きして欲しいと願うばかりです

もし Мさんが一緒に暮らせなくなった時は

私の元へ戻っておいでジュン

それまではМさんと寄り添って幸せな時間を過ごしてね

私は正体不明のおばちゃんでいいから


更に

我が家の預かりっ子だった

 テリアMIXのアイビーちゃん(仮名ビービィー)

シーズーのコロンちゃん(仮名ポッキー)

シーズーのセイルちゃん

MIX兄弟犬のモンちゃん

ご家族様から幸せのお便りを頂いております

次回にご報告させて頂きます



                にほんブログ村 犬ブログ 犬 里親募集へ

                センターに収容されてる子達に
                もう一度生きるチャンスが訪れますように
                クリックをお願いします  
                                

| 未分類 | 05:45 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2011/05/30 01:29 | |

ありがとうございます

ブログを見て頂きお礼申し上げます。
ジュンは悩んで、悩んで初めて個人保護した子です。
フィラリア重度を診断された時は
助ける事しか考えておりませんでした。
ジュンを保護した事を後悔した事もありません。
今はМさんを信頼し甘えております。
後見人である私とМさんとで
ジュンの犬生を幸せに全う致します。
お心遣いありがとうございます。

| 鍵コメ様へ | 2011/05/31 18:21 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kazenoyousei366.blog62.fc2.com/tb.php/224-65631317

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT