命の灯火(ともしび)を消さないで・・・・

同じ星のしっぽの仲間の声が聴こえる 「もっと生きたいよ」 って

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

★ ボーイ物語 (絆) ★

我が家でお預かり中のキャバリアMIXのボーイ
MIX兄弟のモン・ブラン  がご家族様とのご縁が決まった中で
未だに我が家に居ることに
ブログをご覧下さってる方の中には
「ボーイはどうなってるの」と感じられてるかも知れません

ボーイをお預かりした時はセンターから保護されそのまま我が家へ
推定1歳位とのことで
皮膚のトラブルはありませんでしたが
毛玉とセンター臭と車酔いで嘔吐の匂いと

そして・・・

何より怯えていました


我が家で今までの預かりっ子同様に

「迎えて下さるご家族様を待っていようね」と


ところが 

私の仕事が予想もしなかった事態に
ボーイのブログの更新も思うように出来なくなってしまい
預かりとして不甲斐ない思いが込み上げ
ボーイに申し訳ない思いになりましたが

預かり先の移動をお願いする気持にはなれませんでした

私の身勝手かも知れませんが 
お預かりした命は
幸せを自分で見届け見送りたかったからです。

それでも

今までの様にブログの更新が出来ない為に
ボーイをアピールすることも少なく

本当に我が家で預かりを継続して良いものか・・・

そんな葛藤を繰り返している中で

ボーイには幸せの光がさしこんでいました  

東日本大震災の後

避難所生活を送られてる被災者の方々へ

応援を込めて「 団結・絆 」と
言う言葉を多く聴くようになりました
本当にそれぞれが出来る事をしていく時だと感じています。


そして

ボーイにも「絆」がありました


1月の中旬にボーイをご希望下さったご家族様が居られました

私の仕事が混乱してる時期だった為に

お見合いをひたすらお待ち頂く日々でした。

多くの保護犬が迎えて下さるご家族様を待っている状況で

いつお見合いが出来るか分からないボーイを

待ち続けて下さっていたO様ご家族様です

そんなO様ご家族様のお気持ちに
なんとか応えたいと怒涛のような日々の中
ようやく3月にお見合いの日程を調整出来ると
O様とお話しをしておりました直後に

東日本大震災が・・・・


今年の新年に友人から送って貰った
大洗海岸の初日の出をブログに載せましたが 
O様ご家族様はその海岸から近い場所にお住まいでした

O様ご家族様が心配で
電話を掛けても遮断され繋がりません・・・


今度は私がO様からのご連絡をひたすら待ちました。

そして 

待ちに待ったお電話を頂きご無事であったことに安堵しました

大変な状況の中でもお電話では

「ボーイは元気ですか
 ボーイに怖い思いをさせなくて良かったです」と・・・・

O様とボーイとの間には
家族としての絆が結ばれているのを感じました。


幸い O様のお宅は被害は免れましたが
修復しなくてはならない個所が出来てしまった為に
ご実家で生活されておられました。

そして 震災後に初めてのご主人様の休日に
ボーイとのお見合いを決定致しました。

O様ご家族様には片づけなど大変な時にもかかわらず

「ボーイに逢いたい  」その想いが募っておられました


私もそのお気持ちに応えるべく仕事を調整し



     DSCF1280.jpg



     DSCF1281.jpg
       お見合いにそなえて恒例の「マミー」でトリミングを
       一緒に写っているのはマミーのIさんのお嬢さんです


お嬢さんに保護犬のお話しをさせて頂きました。
ボーイの幸せをIさん親子で願ってくれました

「マミー」のIさん いつも保護犬のトリミングに感謝しています 

そして

翌日の4月4日(月)に 
お疲れのところ2時間掛けてお越し頂きました
O様ご家族様とお見合いを



     DSCF1287.jpg
       ボーイの温もりを感じておられるママさん



     DSCF1292.jpg
       可愛い盛りの息子さんもご一緒です



     DSCF1295.jpg
       パパさんにおやつをおねだりしているボーイ



     DSCF1293.jpg
       モザイクで隠されたお顔は笑顔一杯です


ご夫妻様ともボーイのトライアルのお気持ちは決まっておられましたが

再度ご家族様とお話しをして頂き
お返事を頂くようにお願いいたしました


数日後に頂いたメールには
ボーイを家族として迎えるお気持ちと
ボーイへの愛情が溢れたお気持ちが綴られておりました

ボーイを安心して迎える為に
現在お住まいを修復中ですが
ここ数日 余震も起きております
暫く掛かることでしょう


O様ご家族様には5歳で虹の橋を渡ってしまった家族が



     CA18PJVD.jpg


          CA3PE959.jpg
            息子さんより先に暮らしておられた ジータくんです

面影がボーイに似てるとの事です(ボーイは顔グロですが・・


ボーイを迎える事が頑張るパワーになるとまで仰って下いました
その日が訪れるまでもう暫く我が家でボーイは待ちます

時間は多少掛かってもO様ご家族様とボーイとは
しっかりと絆で繋がっていますから


新緑の頃にボーイを幸せへと見送れるかも知れません

その先にO様ご家族様の笑顔がきっと 




       にほんブログ村 犬ブログ 犬 里親募集へ

          ボーイを幸せへと見送れる日が来る事と共に
          被災地の犬や猫が飼い主さんと再び暮らせる日を願い
          クリックをお願いします

| 未分類 | 03:47 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

絆・素敵な言葉ですね♡

こんにちは(*^。^*)
ご無沙汰しています。
ドッグランでお会いした時、ボーイ君を気に入ってくださっている方とお見合い調整中とお聞きした後、
あの震災。
どうなさったかなあ~と思っていましたが良かったですね。
ランで一緒に遊んだのでまた親しみが湧き、自分のところから旅立つワンのようにとても嬉しいです。
ボーイ君は、我が家のパパさんのことを気に入ってくれていましたし・・・

我が家からも初代預かりっ子未来ちゃんが暖かい家族に巡りあえました。
スタッフ皆様が味わってみえた嬉しさと寂しさの同居した何とも言えない気持ちを味わいました。
そして、ビッケを家族に迎えたことが間違いでなかったということを
しみじみと感じています。

季節が行ったり来たり、お身体をどうぞ大事になさってくださいね。
また、ランでお目にかかれることを楽しみにしています。

| パーシー&ビッケママ | 2011/04/20 09:28 | URL |

パーシー&ビッケママさんへ

本当にご無沙汰しております
ビッケはママさんのお宅で若返りましたね
保護犬だったビッケが
パーシーくんと先住犬になったことが
嬉しく、またママさんが預かりをして下さったことにも感謝です。
初代預かりっ子の未来ちゃんの命のバトンを繋いで下さって
預かり仲間として自分の預かりっ子のように思えます
未来ちゃんとはドックランで逢っているので尚更ですね。
あの時ビッケがフウを覚えていてくれた事に
なんとも言えない感動を受けました(泣)

ママさんも既に2ワン目の預かり中ですね
これからも素敵なブログで
預かりっ子の魅力を伝えていってくれることでしょう^^
私ももう暫くは慌ただしい日々ですが
焦らず・無理をせず継続していきたいと思っています。
これからも よろしくお願いしますe-419

| フウの母 | 2011/04/21 18:00 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kazenoyousei366.blog62.fc2.com/tb.php/220-65490a3f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。