命の灯火(ともしび)を消さないで・・・・

同じ星のしっぽの仲間の声が聴こえる 「もっと生きたいよ」 って

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

★ 3回生まれ変わった犬 ★

4ヶ月以上もセンターに収容されていた大型犬を
悩んだ末に 数ヶ月前に
初めての個人保護をさせて頂いた事は
過去の記事でも書かせて頂きましたが

なぜ3時間半も掛けて通院が必要だったのか・・・・

ジュンちゃんはフィラリア陽性だったのです

保護犬の中にも陽性の子達はいますが
程度により毎月の投薬を数年継続すれば
支障がなくなる場合が多いようです

が・・・

ジュンちゃんは既にフィラリアの症状が発症しておりました
心臓のレントゲンには
思わず目をそらしたくなる程の
フィラリアの影が

眠れないほど悩んだ末に個人保護したジュンちゃん

飼い主の申告が事実ならば今年11歳のシニア犬です

薬の投薬を数年続けるには年齢も症状も重すぎました

獣医師と何度も話し合いましたが

私の決断でジュンちゃんの運命が決まってしまう

その重圧は保護するか悩んだ時以上の葛藤でした

血管が詰まり心筋梗塞のように苦しむのが
いつ起きてもおかしくない病状まで来ていました

心臓へのリスクがあっても点滴治療に踏み切るか
 (最近は90%以上の効果があるようですが)

もし残る10%になった場合を考えると
直ぐに結論を出せずにおりました

医療費の負担もかなりなものですが

それ以上にジュンちゃんの命に関わる事に苦しみました

悩みに悩んだ末に

「もしこれが我が子だったら?」
そう考えて点滴治療を受ける結論を出しました

先ずはジュンちゃんの念入りな検査をし
点滴治療の為に 入院する1ヶ月前から
血管を広げる薬の投薬をし

10月に1回目の入院で連れて行った時
「どうか乗り越えて欲しい」と
帰りはどうやって運転してきたのか記憶がありません

無事に1回目の点滴治療が済み

また1ヶ月の薬の投薬
その間は運動制限も必要でした

そして11月に2回目の点滴治療は
点滴を2回行う為に
更に危険が伴うものでした

入院中はいつ動物病院から連絡があるかと
落ち着かない状態でしたが

ジュンちゃんは 2回目の点滴も乗り越えてくれました
今も薬の投薬と運動制限中ですが

もう危険な状態を脱出してくれました

そして

保護当時 全身の毛を刈るしかなかった為に
引出しをして下さった方に
「豚の体に犬の顔を想像して下さい」と
言われたジュンちゃんは


     DSCF1196.jpg



     DSCF1197.jpg



     DSCF1198.jpg



     DSCF1199.jpg
         柔らかい毛が伸び始め 瞳は変わらない優しいままです


年明けに再度検査をし良好ならば 
運動制限も解禁され
風をきって思い切り走れるようになれます

この世に生を受けながら
飼い主にセンターへ持ち込まれ
命のカウントが迫っていたジュンちゃん

保護した後は命も危険な状態にまでなり
フィラリアとの闘病生活

それらを乗り越え
ジュンちゃんは3回生まれ変わりました

3度目の正直の通り
もう辛い思いもセンターへ持ち込まれる事もありません

この姿を見るまで

「自分の決断は間違っていなかったのか・・・」と
苦しい日々を過ごして来ました

ジュンちゃんの嬉しそうな表情が涙で霞みました

ジュンちゃんはМさんの大切なパートナーとして
かけがえのない子です

私はそんなМさんとジュンちゃんを
これからも責任を持ち、見守り続けていくつもりです

そして私自身は今後も
保護犬が幸せになれるように
微力ではありますが預かりを継続していくつもりです

ジュンちゃんの事をご報告出来る日を迎えられたことが
嬉しくて胸が熱くなっています
サモエドMIX風の長毛になる日も近いと思います


ジュンちゃん 良く頑張ったね

年明けにはまた迎えに行くからね


         にほんブログ村 犬ブログ 犬 里親募集へ

            今も病気と闘ってる子達がいます
            応援を込めてクリックをお願いします


| 未分類 | 04:36 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

No title

こんにちは、だのんです。
訪問&コメントありがとうございました!!

実はブランくんが来たころから、ブログを拝見させていただいていました。
私も預りをしたいと思っていたし、23区外ということは
近くだったりするのかな~なんて思っったりして♪
引越しでインターネットが使えず会社のお昼休みの短い時間だったので、
落ち着いたらコメントさせていただこう~って思っていたんです。
フウの母さんが来てくださってとても嬉しかったです♪

たくさんのわんこを預り里親さんに命を繋ぐ、
素晴らしい活動ですね!
私も少しでもお力になれれば!と思っています。
これから、どうぞよろしくお願いいたします!

| だのん | 2010/12/22 12:32 | URL | ≫ EDIT

No title

度々失礼します。

ジュンちゃんは個人で保護されたんですね!?
10年以上一緒にいたのに殺処分してもらうよう持ち込むなんて・・・
最後まで、と思わないのでしょうか・・・悲しいことですね。

でもフウの母さんによって治療も受けられ、
命が繋がったのですね!
フウの母さんの行動に頭が下がります!
なかなか出来ないことだと思います。

思い切り走ることができますように願っています☆

| だのん | 2010/12/22 14:38 | URL | ≫ EDIT

だのん様へ

コメントありがとうございます^^
そして預かりを始めて下さってとても嬉しいです
しかもご近所ですから尚更に♪
私はCATNAPの預かりは昨年の11月末からさせて頂いています
まだまだ未熟ですがよろしくお願いします^^;

ジュンちゃんは他県から個人保護をした子です
今一緒に暮らして下さってるМさんは
今年66歳でお一人暮らしなので
私が後見人になっています。
親権も私なので万が一、
Мさんがジュンちゃんと
暮らす事が出来なくなった場合は
私の元へ引取るつもりでいます。
ジュンちゃんの犬生には責任を持っていくつもりでいます。
本来の長毛の姿になり走る姿を
ブログで紹介出来る日を一緒に願って下さい
これからもブログ楽しみにお邪魔させて頂きます♪


| フウの母 | 2010/12/23 16:11 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kazenoyousei366.blog62.fc2.com/tb.php/210-c5814eaa

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT