命の灯火(ともしび)を消さないで・・・・

同じ星のしっぽの仲間の声が聴こえる 「もっと生きたいよ」 って

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

★ 悩み続けた数ヶ月・・・・ ★

未熟な私ではありますが
CATNAPから保護犬をお預かりし
迎えて下さるご家族との架け橋をしておりますが

我が家は預かりっ子のポッキーもセイルも
本当に良い子で何も問題はありません

私自身がここ数ヶ月間想い悩み葛藤して来てました

それは


私がその子を見たのは2ヶ月以上前でした
センターで収容されているその子を見た時
何故か気になって仕方ありませんでした

大きさは違いますが私が小学生から共に暮らして来た愛犬を
想い出させる子だったからかも知れません。
私の初めての預かりっ子だった「デール」にも面影が似ていました

19kgの大型犬のMIX
年齢も10歳を過ぎています

条件的には大変厳しい子です

それでも引き出しがあることをただ祈っていましたが

お盆で持ち込まれる犬や猫達が多い為
殺処分される日が決まりました

「出来ることなら助けてあげたい」
想いはあっても相手は命です

気持ちだけではどうしようもありません

眠れない日々・食事も食べられない時もありました

お手伝いをさせて頂いてるCATNAPの現状を知っているだけに

一度は諦めかけようとしました

でもその子が脳裏から離れませんでした

私の性格を誰より知ってる友人は
「○○○はきっと一生自分を責め続けるよ」と

大阪で個人保護をされてる私の心強い存在の  レモピさん にも
苦しい想いを聞いて貰ったりしました

私自身は しないで後悔するより して後悔する方が
自分自身納得出来るタイプですが

相手は命です

CATNAPの緊急保護にも対応出来る状態で
気になる子を保護するには・・・・・

殺処分の日は迫って来てました

職場のSちゃんも一緒に考えてくれて

結論は 何もしないで諦めるより
出来る限りのことを先ずしてみようと

そして

昨年ゴールデンちゃんを亡くされた知り合いのMさんが想い浮かびました
大の大型犬好きで
ご近所の犬を飼われてる方達と「ワンサークル」と呼んで
愛犬が亡き今も毎日逢って居られる方です

亡くなった愛犬のことを考えると不謹慎なお願いかとも想いましたが

全ての事情をお話ししてみました

その結果は

「処分なんて可哀想なことしないで下さい。私の処で迎えます」
と言って下さいました。

その言葉に胸が詰まってしまい

「ありがとうございます」と言うのがやっとでした

迎える日は夜だった為に2泊だけ我が家で預かる事に
病院での検査・去勢を終えて迎えました


     DSCF0812.jpg

     DSCF0813.jpg
     ポッキー・セイルに何かあってはいけないのでサークルで我慢してね

初日は疲れからかぐっすり寝てくれましたが
2日目の明け方は甘え鳴きをした為に
リードを何重にも腕に巻いてケージから出してあげると
私の顔を何度・何度も舐めてくれました(泣)

助けた事が報われた時でした

翌日 これからの犬生を過ごすMさん宅へ


     DSCF0821.jpg

     DSCF0820.jpg
     昨年亡くなったゴールデンちゃんです


この方なら安心してお願い出来ると確信しました

なにより長いセンター生活で本来温厚だった性格が
大変に警戒心が強くなったと伺ってましたが
Mさんを見つめる瞳は甘えていました


     DSCF0817_20100823082526.jpg

     DSCF0816_20100823082512.jpg

      DSCF0822.jpg


Mさんからは毎晩お電話を頂き
「賢くて甘えん坊で可愛いです」と

名前は亡くなったゴールデンちゃんの「ジュン」くんとなりましたが
すでに名前を呼ぶと甘えてくるそうです

無理だと諦めかけた時
多くの人達に支えて貰いました


     DSCF0833.jpg
      預かりっ子のトリミングをお願いしている「マミー」のIさんからは
      愛犬用のケージをお借りしました

方向音痴の私の為に
一緒に迎へに行ってくれると言ってくれた職場のSちゃん
後押してしてくれたバティの里親の○○

多くの方達の支えで初めての個人保護が出来ました
本当に感謝の想いです

10年以上一緒に暮らして
「犬には問題はないんですけど」と言って持ち込んだ飼い主
罪悪感などなかったことでしょう

持ち込みだった為に鉛筆で名前が薄く書いてありました

「チロ」 私の愛犬だった子と同じ名前だったのは
単なる偶然でしょうか・・・・  

| 未分類 | 07:40 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

おめでと~♪

&お疲れさま~!

処分日が決まってから最終決断をされるまでに
どれほどの葛藤があったのかは想像できます。
助けると決めてからも不安だったことでしょう。

でも、こうして幸せを掴んだ今、すべてが報われましたね。
天国のジュン君とチロ(君?ちゃん?)も後押ししてくれたんでしょうね(^^)

新生ジュン君の犬生に幸あれ!

| レモピ | 2010/08/23 14:46 | URL |

レモピさん~~~!!

今回の件では色々相談に乗って頂き
ありがとうございました。
個人保護主さんがどれだけの葛藤と不安を抱えながら
保護されてるのか 今回身をもって経験致しました
本当に頭が下がる想いです。
実際Мさんのお宅へお届けする時まで
不安でなりませんでした。
レモピさんが「必ず笑顔で迎える時が来る」
その言葉を自分に言い聞かせ
何とかジュンくんの保護をすることが出来ました
これからも色々とよろしくお願いします。

| フウの母 | 2010/08/24 03:28 | URL | ≫ EDIT

”チロ”それは時空を結ぶ暗号

 いつも大変な時間にブログを更新しているフウママ様、こんにちは、睡眠を取っていますか?
 記録破りの暑さの中、人もわん、にゃん子も木や花も、フウフウ(?)とした日々です。

今日は良いお話をありがとうございました。

どんなことにも、大人である以上、自らの行動にはあたり前のことですが,
責任が伴います。しかし、責任ということを真剣に考え過ぎると、手も足もでなくなります。


この縮こまった日本社会、先が見えない気力だけ(?)が頼りの明日、いえいえ、素晴らしい隣人たちがと。。思っていますが、そして天秤にかけるのは他ならぬ、
”命”です。ふうまま様の苦悩は想像に余りあるものです。

 しかし、過去からのメッセージ(気にかかる)にノンはあってはなりません。”チロ”偶然ですか?

 ふうまま様の決断は自分のことのようにうれしいです。困った時は”助けてくれ”って大声を出したいです~ね。拍手をしている人はみんな、フウママ様の味方です。もちろん、この私もです。あてにならない船かもしれませんが、また行き先も不明ですが、なんとかなるでしょう。

  ところで、最近思うことは、生きとし生けるものは確実に死ぬんですよね。これも、あたりまえのことですが、次は時空を超越した界のような気がするのですがー
暑さのせいで変なことをいっていると~とうとう来たか
と、思っている方はお若い方ですよ。
 
 最後にポッキーくんトライアルおめでとうございます。こども時代、犬や猫と暮らすことはどんなことも良いことに繋がると思います。人間以外の動物と心を通わすことができるという体験は、大きく人を成長させるものです。よかったですね。では、フウママ様まだまだ、暑い日が続きますので、お体に気をつけてくださ

| とぽ(くり太郎)まま | 2010/08/25 15:15 | URL |

とぽ(くり太郎)まま様へ

いつも温かいコメントありがとうございます
センターに居る子達を見ると
どこの子も助けてあげたいと想いますが
「助けてあげたい」と「助けてあげられる」
現実を考えた時にこの狭間で本当に悩みました
そして保護活動されてる方達の
想いもどんなものかまた学ばせて頂きました
私のブログの更新時間をお判りなんですね^^;
助けてあげてるつもりが
本当は多くのことを教えてくれてるのは
他ならぬ預かりっ子達です
「時空」今回保護犬の名前を知った時
この子が気になっていたことが納得出来ました
便利過ぎる今の社会で忘れられてること
預かりっ子達がそれを教えてくれてる気がします
これからも未熟な私ですが
見守って頂ければ大変に嬉しいです
とぽ(くり太郎)まま様もどうか
ご自愛下さい
ありがとうございます

| フウの母 | 2010/08/26 05:20 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kazenoyousei366.blog62.fc2.com/tb.php/160-cac6ec75

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT