命の灯火(ともしび)を消さないで・・・・

同じ星のしっぽの仲間の声が聴こえる 「もっと生きたいよ」 って

2013年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2013年06月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

★ 手のひらの小さな命 ★

   20130525010516d7d.jpg
      まだ目も開いてない状態で捨てられ消えかけた命


賃貸住居に住んでた頃の23匹の猫達を想い出します
みんな迎えられ今は幸せに暮らしてくれているのが何より嬉しいことです



   IMG_2784.jpg
      目が開いて初めて見えたのは優しい家族でした


人間の子育ても忙しい時期にも関わらず
ママさんは数時間おきにミルクをあげて育てました

そして


   DSCF3902.jpg
      今ではダイエットが必要なくらいスクスクと育ってます(笑)


ご家族中で可愛がられ愛情を独り占めしてたねこちゃんでしたが



   DSCF3904.jpg
     カーテンレールに乗っているのは



   DSCF3907.jpg
     ねこちゃんの背後にこねこちゃん


ねこちゃんに弟ができたのです


動物達への愛情とは何かをいつも教えられ
お世話になっています   森の仲間さん が犬達のお散歩中に
捨て猫を拾った方から相談を受け

その後

ご自宅へ連れてこられました

可愛くて、可愛くて離れることがお辛そうでしたが

何よりこねこちゃんの幸せを願い
里親様を見つけることに

その話しを伺い迷わず浮かんだのはねこちゃんを育てたママさん

話しはトントン拍子に進んで


   DSCF2689.jpg
     こねこちゃんもノビノビと生活中です


   DSCF2701_20130529073058.jpg
     最初は戸惑っていたねこちゃんもこんなに優しいお兄さんに
     ヤンチャなこねこちゃんに振り回されることも


ママさんとはお向かいさん同士で
預かりを始めた頃からいつも見守ってくれてる方ですが
こねこちゃんがきっかけで密かにブログを始められてる事を知りました


ママさんの文章力に思わず吹き出してしまう
楽しいブログ 「 glace place 」 ガーデニングやインテリア
そして
ねこちゃん達の愛らしい様子もたくさん掲載されてます

どの子も生を受けた時は
手のひらに収まるほどの小さい、小さい命です

そんな子を捨てたりセンターへ持ち込んだり

更には

年老いたからと・・・

身勝手な人間達の犠牲になる多くの命


我が家のジャンボレデイーのキキも
産まれた時は小さかったことでしょう・・たぶん


現在トライアル中のぽん太との最後の夜は



DSCF3856.jpg


DSCF3858.jpg


DSCF3859.jpg
     いつもはケージ内でもオモチャの取り合いをしてるのに

毎回のことながら鬼の目にも涙です


DSCF3822.jpg
     キキも幸せ行きの切符ゲットしようね


既に7kgを越えてるキキですが

仕草がまだまだパピーなところのギャップが可愛い子です

叱られると必死にご機嫌取りをします



ぽん太は天使の羽模様を発見しましたが

キキは

DSCF3817.jpg
   舌の黒い部分がハート型なのが分かりますか?


DSCF3824.jpg
   キキ 「迎えてくれるご家族に幸せを運びま~すワン!」


キキもお散歩開始までカウントダウンです

お散歩するキキの魅力をお伝え出来ると思います
  (梅雨入りしてしまったのが気掛かりですが)

手のひらの小さな命が最期までご家族と暮らせることを願います



       にほんブログ村 犬ブログ 犬 里親募集へ

         誰の力も借りずお産をする犬や猫達
         その命を人間だからと勝手な都合で消して良い訳ありません
         保護される子達よりはるかに多い処分される命
         命を尊厳出来る社会になって欲しいと心から願います
         多くの命がその生涯を全うできますように
         願いを込めてクリックをよろしくお願いします 



09sp1-line3.gif

| 幸せになった子猫 | 05:03 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT