命の灯火(ともしび)を消さないで・・・・

同じ星のしっぽの仲間の声が聴こえる 「もっと生きたいよ」 って

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

★ 救わずにはいられなかった想いに ★

2年間の預かり経験があるとはいえ
団体での保護犬の預かりでしたので

いきなり2頭の個人保護

無謀と言えるかも知れませんが
生きられる可能性のない姉妹犬を
どちらか残すことは私には出来ませんでした

個人保護の重圧を感じることもあります
孤独に苛まれることも・・・

そんな私に激励のコメントやメール

そしてご支援までして頂き
人の優しさに包まれる年明けとなりました

初めてお預かりしたデールの時から
いつも見守って下さってる 
元保護犬のルークくんのママさんが
ご自身のブログ   テッコちゃんが行く!!! で
モカ・リンが少しでも多くの方の目に留まって貰えるように
紹介して下さいました



lHS6w.png
ルークくんは人間により菜箸のような物で声帯を切られてます
優しい瞳で不思議なパワーを持ってることでも知られてます


そして以前にもご支援下さいました
コーギーちゃんを飼われておられる MICO 様から 


KhENG.png
    モカ・リン用のフードと医療費にとご支援まで

MICO 様は間もなく新しい命が誕生します
くれぐれもお体を大切にして下さい


正式譲渡になったばかりの
スカイ改め「 ぶんた 」のママさんからも

tVjbk.png
   モカ・リンへ好きなものでも買ってあげて下さいと
   温かいお手紙を添えてご支援下さいました

更に

14年間我が子のように可愛がっていたチワワちゃんを
昨年の1月に亡くし
まだ悲しみが癒えないながら
私の預かり奮闘をいつも応援してくれてる
職場の I さんからも

A4jL2.png
     いつも応援してくれてありがとう I さん


皆様のお気持ちはモカ・リンの為に使わせて頂きます

預かりボランティアをしてると

「 人間が一番残酷な生き物ではないか・・・」と

嫌でも感じることが多い中

モカ・リンへのお気持ちに
心からお礼申し上げます


私のブログをかなり以前からご覧頂いてる方は

一昨年(平成22年秋)に

モカ・リンとは別の県から個人保護した
サモエドMIXの「 ジュン 」を覚えておられるかと思います

飼い主持ち込みにより10歳とのことでした

気になりながらも我が家では大型犬は難しく
CATNAPでお預かり中の子もいました

「 どうか保護されて欲しい 」そう願い続けましたが

半年以上もセンターに収容され

センターの収容犬が増えた為に処分が・・・

助ける道はないものかと悩み続け

知り合いのゴールデンを亡くされたМさんにお話しすると

「 年齢的に犬を飼うのを諦めていたんですが、私で良ければ」と

収容されてる県のボランティアさんにお願いし
緊急に引き出しをして貰い保護しました

10歳ですが残された時間を穏やかに過ごせると

ところが重度のフィラリアで

心臓の半分以上が侵されていました

悩んだ末に2回の点滴による入院治療を受けました

我が家の家計にはかなりの痛手でしたが

生きる為に保護した子です


DSCF0816_20100823082512.jpg
  「見ても驚かないで下さいね」と引き出して下さった方が・・汗


今のジュンは


51wHp.png


8deyX.png

GrBb8.png
  М さんと穏やかに暮らしてます( 後見人は私のままです )



そして

今年のフィラリア検査は陰性でした


ジュンの時に 

「個人保護はジュンが最初で最後の子」そう思っていました


それなのに



Aqyqf.png
      見捨てることが出来なかった命


兄弟犬だったモン・ブラン

そして 

ジャンボパピーのブン太  スレンダーなシルク

MIX犬が好きな方が必ずおられます

モカ・リンと一緒に幸せ探しをしていきます



 image3309.gif   712.gif image3306.gif
        



               にほんブログ村 犬ブログ 犬 里親募集へ

          春の季節を迎えれば犬や猫のお産シーズンになります
          処分されるために産まれる訳ではありません
          モカ・リンも生きる為に産まれて来ました
          どうか身勝手な殺生が減ってくれますように
          ↑ クリックをして頂ければと思います





| 個人保護犬とご支援のお礼 | 22:30 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |