命の灯火(ともしび)を消さないで・・・・

同じ星のしっぽの仲間の声が聴こえる 「もっと生きたいよ」 って

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

★ 本物の天使になった隼人 ★

本格的に預かりを始めて間もない頃
9月にお預かりしたのに耳が凍傷でどこか不安げだったシーズー
それが隼人との出逢いでした
子供の頃からどちらかと言うと大型犬が好きだった私は
預かりをしなければシーズーという犬種とは出逢っていなかったでしょう
シーズーの魅力を教えてくれた隼人

素敵なご夫妻様に迎えられたのは桜が満開になる頃でした
そんな隼人がリンパ腫になってしまってからも
ご夫妻様は懸命に隼人と共に病気と闘って下さっていました
今年の夏も頑張って乗り越えてくれると信じて疑わなかったのですが
先日ママ様から悲しいお知らせが届きました

end_20160801125056fe5.gif


〇〇様

夏らしい暑い日が続いておりますが、いかがお過ごしですか。
フウちゃん、カープちゃん、あゆむちゃんはお元気そうで何よりです。
可愛い笑顔に癒されます。

さて、本日は本当に悲しいお知らせをしなくてはなりません。
7月27日、午前3:15に最愛の隼人が亡くなってしまいました。
フウママさまにご連絡をしなくてはと思いながら、
何度もメールを書こうとしたのですが、そうする度に涙が止まらなくなってしまい、
ご連絡が遅れてしまいました。申し訳ございません。

2014年2月末に再度闘病生活が始まって以来、
隼人はずっと、リンパ腫はもちろん、薬によるたくさんの副作用と懸命に闘ってきました。
赤血球数が減少し、腎臓や肝臓が悪くなり、毛もどんどん薄くなり、目が見えなくなり、
足腰が弱くなり…。そして通院するたびに、
先生と、今は何を優先に治療をしようと話し合いながら治療を続けてきました。
隼人にはたくさん大変な思いをさせてしまいましたが、
どうしても少しでも長く隼人と居たくて、でも、隼人の幸せを奪わないように必死に考えながら、
みんなで力を合わせて頑張ってきたつもりでした。隼人もいつも一生懸命に応えてくれていました。

最後に隼人の命を奪ったのは感染症でした。
免疫力が落ちてきているので、感染症にならないよう、気をつけていたのですが…
7月23日の土曜日の朝、隼人は高熱を出しました。
また、お尻の左側が腫れているのに気付き、病院に連れて行き、
何かに感染したのかな、ということで抗生剤と痛み止めを注射してもらいました。
それで熱も下がり、食欲も戻るはずだったのですが、変わりませんでした。

そして、日曜日、元々通院の日だったのですが、
いつもの担当医がお尻の水疱から膿を取り出し、洗浄をしてくれました。
それから一時的に熱も下がったのですが、
翌朝にはまた膿も溜まり、熱も上がり、どんどん苦しそうになってしまいました。
もう、自分の脚で立つことが難しくなり、おしっこも中々できず、
もちろん食欲もゼロ。水も飲みませんでした。
月曜日、火曜日は少しでも動かそうと抱きかかえると苦しむので、病院に連れて行くこともできず、
我々が病院に行き、注射や薬を頂き、指示を受け、自宅でできる限りのことをしたのですが、
痛み止めもあまり効かず、中々隼人の痛みを取り除いてあげることができませんでした。
火曜日は朝から一日中、苦しそうにずっと叫んでいました。

隼人は最後、本当に苦しんでしまいました。意識が朦朧とする中、ずっと叫んでいました。
でも、息を引き取る前の10分間だけ、呼吸も深くなり、叫ぶこともなく、
痛みが治まったように思えました。
病院の先生は、
「何としても痛みを取り除いてあげたいという私たちの気持ちが隼人に届いたのでしょう」と
言ってくださいました。
そして、10分後、ずっと握っていた隼人の手が、ぐっと私を押してきたと思ったら、
急に静かになってしまいました。

病気は本当に怖いです。隼人との闘病生活の中で、私たちは正しい判断をしてこれたのだろうか、
あの時、もっとああしていれば、こうしていれば、とずっと頭の中を同じ事がグルグルと回っています。
さらには、なぜ、リンパ腫なんか発症させてしまったのだろうか、とか。

火葬をして頂いた隼人の骨は、
抗がん治療を行ってきた子のものとは思えないほどしっかりとしていました。
あんなに弱っていた脚も腰も、強く立派な骨として残っていました。
そして、何よりも頭蓋骨が隼人の頭の形そのままで、
最後まで可愛い顔で私たちを見つめてくれていました。
病院の先生にこのことを話したら、あれだけ抗がん剤を打ってきたのに、
隼人は偉い、隼人はすごい。
そしてそれは隼人から私たちへの最後のプレゼントだとおっしゃっていました。

やっぱりダメです。涙が止まりません。
でも、私たちは隼人が大好きで、大好きで、大好きでしたので、
それだけ悲しみが大きいのは仕方ないのだと思います。
そして、隼人と家族になれた私たちは世界一の幸せ者でもありました。
フウママさま、隼人との縁をありがとうございました。
本当にありがとうございました。そして、たくさんのワンちゃんたちを幸せへと導いて下さり、
いつも感謝と尊敬の気持ちでいっぱいです。私たちも自分たちのできることから頑張ります。

まだまだ暑さが続くと思います。どうかご自愛ください。


end_20160801125056fe5.gif

ママさんとお電話でお互いただ泣くばかりでした
そして隼人のことをたくさん話しました
ボーイのママさんに伺ったように隼人のママさんにも
隼人の訃報をブログに報告して良いものかお聞きしましたら
「隼人が物凄く頑張った事をそして元気な頃の写真をいっぱい載せて下さい」と
ママさんからのメールを全文載せさせて頂きました。

そして写真は我が家で過ごした頃の隼人を


隼人をお預かりした時は


     14034994_1793633057547756_6839725439288402308_n.jpg
         この写真には多くの方から隼人への
         応援のコメントやメッセージをたくさん頂きました


     NT2sz2sWXsQJ6r21472322426_1472322457.jpg
         トリミングしたらぬいぐるみのように可愛い姿に


     cats_20160904060055a1a.jpg
        クリスマスの時期にはドックランで遊んで
        イルミネーションも見て
        そしてこの場所で隼人はご夫妻様とお見合いで初対面したね

      
新年には

     DSCF0163-tile.jpg
       フウ・隼人・Мダックスの聖夜と
       富士山の見える所へお出掛けしたね


     DSCF0055_2016082804355421f.jpg



     DSCF0352.jpg
          お気に入りの骨型オモチャ
          仕事から帰宅すると鳴らしながらご褒美にくれた隼人



     DSCF0353.jpg
           フウと一緒にドアの向こうの玄関を
           誰か帰って来ると覗いてた



     DSCF0488.jpg


     DSCF0459.jpg
           後から預かったマロとも一緒に生活して
           お届けが同じ日だった



     DSCF0047_convert_20091211014753_2016082804355406b.jpg
        息子が食事をしてると立っちのポーズで悩殺



     DSCF0048_convert_20091213005416_20160828043554b54.jpg
         天使そのもの



     _mEg794dPTYZE3y1472322491_1472322521.jpg
          箱入り息子


     DSCF0495.jpg



     DSCF0454.jpg




     DSCF0414.jpg



     DSCF0446.jpg
         カメラが嫌いでアップを撮ろうとすると困った顔してたね



     DSCF0536.jpg
         フウの1歳の誕生日のケーキを一緒に


ご夫妻様に迎えられてからは毎年お誕生日、クリスマスお正月
そしてお出掛けした時の可愛い写真を送って頂きました。
どのお写真も愛されてる幸せそうな姿ばかりです。

元保護犬だった我が家のフウ
体はフウが大きくても年齢は隼人が上ですが
フウに甘えてた隼人


     091206_162853_ed_20160828043358349.jpg



     cats.jpg


     DSCF0040_convert_20091208131440_20160904060054986.jpg
       我が家のおばあちゃん猫とも

お預かりする子達はどの子達も
それぞれ暮らした想い出があります
全てがオンリーワンの愛さずにはいられない子達ばかりです

私の寝室の部屋には


     DSCF7788.jpg
       夏の想い出としてママさんが送って下さった
       アロハ姿で笑顔の隼人が

贈って頂いてから今も変わらず笑っています

お届けの時の別れでは毎回号泣してしまいますが
それは幸せへのスタートでもあります

永遠の別れは本当に辛く悲しみが溢れると同時に
たくさん愛して下さった里親様へ感謝せずにはいられません。

ボーイに続いて隼人まで・・・・
預かりをしていてこんなに辛いことはありませんが
空の上でボーイと隼人が逢っていたら
きっとお互いのご家族自慢をしてることでしょう

しっぽを持った天使が
最期まで愛され本物の天使になってしまいました

誰よりご夫妻様と1日も長く一緒に居たかったから
辛い治療も頑張ったんだよね隼人

ボーイも隼人もこれからも私の大切な子達だから

隼人のご夫妻様本当に隼人を愛して下さってありがとうございます

【 今日のメッセージ 】

14045991_688142751343099_5114794668476954645_n.jpg




    にほんブログ村 犬ブログ 犬 里親募集へ

         動物の医療も進化して
         昔より長生きできるようになりました
         それでも人間より先に逝ってしまいます
         我が家のフウも7歳になりました
         しっぽの子達との時間をどうか大事に過ごして下さい

              
        
li_fuusen1_20140508075002e81.gif

スポンサーサイト

| リンパ腫と最期まで頑張った隼人へ | 23:34 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。